MotoGPオーストラリアGP:FP2 悪天候により、セッションが赤旗短縮

オーストラリアGPのフリー走行2回目は、悪天候により開始が遅れた後、赤旗が掲示され中断。のちに中止が決まった。

 オーストラリアGPのオーガナイザーは、天候が回復するのを待ち、フリー走行2回目のセッション開始を40分遅らせた。結局一度はセッションが開始されたものの、わずか10分ほど後に再び雨が強まり、赤旗が掲示されセッションは中断。セッション時間を30分以上残し、そのまま中止が決まった。

 オーガナイザーは、天候の回復の見込みがないとして、MotoGPの後に予定されていた、Moto2クラスのフリー走行2回目を含め、残りのセッションのキャンセルを決定した。

 地元ライダーのジャック・ミラー(マルクVDS)は、今日のセッションを取りやめるという、オフィシャルの賢明な判断を支持している。

「イライラはしていないよ。安全上の理由から、素晴らしいことだ」と彼は語った。

「走行をする必要がない。ここは、速くて恐ろしいサーキットなんだ。今朝のコンディションならOKだけど、この量の雨の中だと……今朝の段階ですでに、ターン3でアクアプレーニングがひどかったんだ。賢明な判断だよ」

 セッションが行われた数分間で、勇気のあるライダーが数人、コースに出ている。その中では、アンドレア・イアンノーネの代役としてドゥカティから出場しているヘクトル・バルベラが、1分51秒958をマークしてトップとなっている。

 ヤマハのバレンティーノ・ロッシもコースに出てラップを2回計測。ベストタイムは1分58秒412だった。彼はタイヤの使用違反によって、FP1のベストタイムを抹消されている。

 セッションが短縮されたことにより、土曜日はコンディションが良好なら、フリー走行3回目のセッション時間が、45分から60分に拡大されることになった。

Second practice times:

Pos#RiderBikeTimeGap
1 8  Hector Barbera  Ducati 1'51.958  
2 7  Mike Jones  Ducati 1'54.018 2.060
3 53  Tito Rabat  Honda 1'55.693 3.735
4 9  Danilo Petrucci  Ducati 1'55.722 3.764
5 41  Aleix Espargaro  Suzuki 1'58.112 6.154
6 46  Valentino Rossi  Yamaha 1'58.412 6.454
 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 オーストラリアGP
サーキット フィリップアイランド・グランプリ・サーキット
記事タイプ 速報ニュース