MotoGPチェコ決勝:ハードタイヤ選択のギャンブル成功。クラッチロー初優勝

MotoGPチェコの決勝レースが行われ、カル・クラッチローが初優勝を果たした。

 MotoGPチェコ決勝レース。舞台となるブルノ・サーキットは、この日は生憎の天候。Moto3及びMoto2のレースは雨、MotoGPクラスの決勝スタート時には雨は止んだものの、路面は完全にウエットである。ただ、このまま雨が降らなければ、路面が乾くのは必至。マシンの乗り換えも予想される

ポールポジションスタートのマルク・マルケス(ホンダ)が出遅れ、イン側からホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)とアンドレア・イアンノーネ(ドゥカティ)が、マルケスの前を奪う。

 1コーナーに先頭で飛び込んだのは、加速力に勝るドゥカティのバイクに乗るイアンノーネ。しかし、イアンノーネはオーバースピードだったのか、コーナーで若干膨らんでしまう。この隙をついたマルケスが、難なく先頭の座を取り戻すことに成功する。

 雨を苦手とするロレンソが大きく順位を落としていく中、ドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾが3番手へ。スズキの2台が4番手と5番手につける形で1周目を終了する。ロレンソは10番手、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)は12番手である。

 2周目に元気なところを見せたのが、スコット・レディング(OCTO Pramac Yakhnich)。レディングはスズキの2台を交わして、4番手に浮上する。また、ドヴィツィオーゾがイアンノーネを交わして2番手に浮上すると、マルケスをもパスして首位に。イアンノーネもこれに続く。3周目にレディングはマルケスを交わして3番手に浮上する。

 トップ3を占めたドゥカティ勢は、徐々に4番手のマルケス以下との差を徐々に開いていく。

 4周目にはイアンノーネがドヴィツィオーゾを交わして首位に。さらにこのドヴィツィオーゾをレディングが交わして2番手である。

 そうこうしているうちに、ヤマハのさらに悲劇的な状況に陥ってしまう。5周目の時点で、ロッシは12番手、ロレンソに至ってはなんと16番手まで落ちてしまったのだ。

 8周目、Avintia Racingにいるヘクター・バルベラがマルケスを交わして、4番手に上がる。

 10周目、3番手を走っていたドヴィツィオーゾが突如スローダウン。マシントラブルだ。ドヴィツィオーゾはピットに戻り、ドライ用に用意されていたマシンに乗り換えたものの、大きく順位を落とすことになった。

 後方からは、カル・クラッチロー(LCR Honda)がものすごい勢いで追い上げてくる。多くのマシンが前後ともソフトのレインタイヤを履いてレースに臨んだにもかかわらず、クラッチローは前後ともハード。乾きつつある路面に対し、クラッチローのタイヤ選択がドンピシャリだったと言うことのようだ。

 クラッチローは当初10番手以下だったが、12周目にはマルケスを交わして4番手に浮上。14周目にはバルベラとレディングを一気に交わして2番手。残すは、先頭を行くイアンノーネだけである。

 15周を走りきったところで、ロレンソがピットイン。コースが乾いたと判断し、ドライ仕様のマシンに乗り換えた。ただ、これはさすがに早すぎたようで、翌周再びピットに戻り、再度レイン仕様のマシンに戻した。

 16周目クラッチローがイアンノーネを交わしてついに先頭。後方では、こちらも追い上げてきたロッシがマルケスを交わして4番手に戻ってきた。18周目にはバルベラを交わし、さらにイアンノーネも抜いて2番手。ただ、この間にクラッチローは約5秒先まで逃げてしまった。

 20周目、3番手争いを繰り広げるイアンノーネとバルベラの一瞬の隙を突き、マルケスが3番手に復帰。さらに後方からは、やはり前後ともハードタイヤを履くロリス・バズ(Avintia Racing)が追い上げ、やはりバルベラとイアンノーネをパスして4番手に上がる。イアンノーネのタイヤは、すでにトレッドの中央部分が吹き飛んでしまっている状況で、ペースが大きく落ち始めた。

 そして迎えた最終ラップ。クラッチローは後方を確認し、最終コーナーで勝利を確信すると、大きくウイリーしてトップチェッカーを受けた。クラッチローはこれがMotoGP初優勝。なんと前戦で初優勝したイアンノーネに続き2戦連続の初優勝ライダーの誕生。さらには今季3人目の初優勝ライダーとなった。

 2位にはロッシが入り、3位にはマルケスが入った。レースの前半をトップで走っていたイアンノーネは、結局7位。ロレンソはノーポイントに終わった。

 このレースの結果、マルケスが獲得ポイントを197まで延ばしてトップを堅持。ロッシが144ポイントで2位に上がり、ロレンソは3位に順位を落とした。

MotoGP チェコGP決勝結果
Cla DriverBikeLapsTimeGapIntervalkm/hRetirementPoints
1   35   Cal Crutchlow  Honda 22 47'44.290     149.3   25
2   46   Valentino Rossi  Yamaha 22 47'51.588 7.298 7.298 149.0   20
3   93   Marc Marquez  Honda 22 47'53.877 9.587 2.289 148.8   16
4   76   Loris Baz  Ducati 22 47'56.848 12.558 2.971 148.7   13
5   8   Hector Barbera  Ducati 22 47'57.383 13.093 0.535 148.7   11
6   50   Eugene Laverty  Ducati 22 47'58.102 13.812 0.719 148.6   10
7   9   Danilo Petrucci  Ducati 22 48'07.704 23.414 9.602 148.1   9
8   29   Andrea Iannone  Ducati 22 48'08.852 24.562 1.148 148.1   8
9   25   Maverick Viñales  Suzuki 22 48'08.871 24.581 0.019 148.1   7
10   53   Tito Rabat  Honda 22 48'21.421 37.131 12.550 147.4   6
11   68   Yonny Hernandez Ducati 22 48'24.201 39.911 2.780 147.3   5
12   26   Dani Pedrosa  Honda 22 48'25.387 41.097 1.186 147.2   4
13   44   Pol Espargaro  Yamaha 22 48'27.492 43.202 2.105 147.1   3
14   6   Stefan Bradl  Aprilia 22 48'29.977 45.687 2.485 147.0   2
15   45   Scott Redding  Ducati 22 48'46.491 1'02.201 16.514 146.2   1
16   19   Alvaro Bautista  Aprilia 22 49'03.131 1'18.841 16.640 145.3    
17   99   Jorge Lorenzo  Yamaha 21 47'49.179 1 Lap 1 Lap 142.3    
  dnf 4   Andrea Dovizioso Ducati 15 35'47.906 7 Laps 6 Laps 135.8 Retirement  
  dnf 38   Bradley Smith  Yamaha 14 32'20.512 8 Laps 1 Lap 140.3 Retirement  
  dnf 41   Aleix Espargaro  Suzuki 13 28'20.553 9 Laps 1 Lap 148.6 Retirement

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 チェコGP
サブイベント 日曜日 決勝レース
サーキット ブルノ
ドライバー Cal Crutchlow , Marc Marquez , Valentino Rossi
記事タイプ レースレポート