【MotoGPバレンシアGP】タイヤに苦しんだロッシ。「ハードでレースをしたかった」

ロッシはイアンノーネを倒すためには、速さが十分ではなかったと認め、タイヤに苦しんだと語った。

 最終戦のバレンシアGPのレースでは、ヤマハのバレンティーノ・ロッシとドゥカティのアンドレア・イアンノーネが激しいバトルを展開。トップを走るロッシのチームメイト、ホルヘ・ロレンソを追いかけるマルク・マルケス(ホンダ)の後ろで3位を争った。

 レース序盤から終盤まで、ロッシとイアンノーネは何度もポジションを入れ替えた。コーナーでロッシがイアンノーネを抜き、ストレートで速さを見せるドゥカティのアドバンテージを活かしたイアンノーネが抜き返すという展開が続いた。

 レース終盤、ロッシはタイヤが原因でペースが落ち始め、最終的にイアンノーネが3位、ロッシが4位でレースを終えた。

「当然、表彰台に乗れなくてハッピーじゃない。すごくタフなレースだったけど、素晴らしいレースだったし多くのバトルを楽しんだ」とロッシは語った。

「イアンノーネを抜くことができて、何周かは2番手に留まることができた。でもギャップを広げるのに十分な速さががなかった。だから僕らはバトルし始めた。そしてマルケスはレースの後半すごく速かったから、彼を抑えておくのは不可能だった」

「その後もイアンノーネとのバトルは続いた。すごくハードなファイトだったし、素晴らしかった。全てを試したけど、残念ながらイアンノーネの方が速くて、ファイナルラップでは彼はすごく良いラップタイムだったんだ」

「僕は少し苦しんだ。最終的に、残念ながら僕は4位でフィニッシュした。僕らはやれることをすべてやったけど、表彰台には十分ではなかったんだ」

 チームメイトのロレンソのペースに、ロッシのレースペースが敵わなかったのはなぜかと問われたロッシは「ホルヘはこのコースで僕より良いんだ。彼の方が速い」と答えた。

「結局、僕がかなり苦しんだ原因の大部分は、タイヤにあると思う。特に僕にとってはフロントタイヤだ。僕は自分にとって正しいタイヤを履いていなかった」

「ハードタイヤでレースをしたかったけど、左側のグリップが十分ではなかったんだ。今日は気温が少し高くなったから、ミディアムで少し苦しんだ」

【関連ニュース】

MotoGPバレンシアGP決勝:マルケスの追撃を振り切ったロレンソが、ヤマハでの有終の美を飾る

ロレンソ、最終戦の勝利をヤマハに”プレゼント”

ポールのロレンソ、”想像以上”のラップも「パーフェクトじゃない」

初日好調のロレンソ。「今回持ち込まれたタイヤが僕に合っている」

バイクのバランスに不満のロッシ「午後はすごく苦しんだ」

来季の相棒を警戒するロッシ。「ビニャーレスに全データを公開するつもりはない」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 Valencia GP
サーキット バレンシア・サーキット-リカルド・トレモ
ドライバー Andrea Iannone , Valentino Rossi
チーム Yamaha Factory Racing
記事タイプ 速報ニュース