イアンノーネ、ロレンソとの事故で次戦最後尾グリッドのペナルティ

カタルニアGP決勝でホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)に追突したアンドレア・イアンノーネ(ドゥカティ)は、次戦オランダGPのグリッド最後尾スタートのペナルティが課せられた。

 イアンノーネは、カタルニアGPの17周目ターン10で、ロレンソのインに飛び込もうとした際に止まりきれず、そのロレンソのマシン後部に追突する形になってしまった。両者はこれで宙を舞うようにクラッシュしリタイア。ロレンソはチャンピオンシップ上で非常に痛い、無得点で終わるという結果となってしまった。

 今回の事故により、イアンノーネには次戦オランダGPでグリッド最後尾スタートというペナルティを課せられることになった。この処分は、2015年のマレーシアで、バレンティーノ・ロッシに課せられて以来の、非常に重いペナルティとなった。

 イアンノーネは今季のアルゼンチンGPでも自らのミスで、チームメイトのアンドレア・ドヴィツィオーゾを巻き込むクラッシュを引き起こし、次戦3グリッド降格のペナルティを課せられたばかりだった。

 ドゥカティは今季限りでイアンノーネを放出し、新たにロレンソを迎え入れ、ドヴィツィオーゾとコンビを組ませることを発表している。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 カタルーニャGP
サーキット サーキット・デ・バルセロナ-カタルーニャ
ドライバー Andrea Iannone , Jorge Lorenzo
チーム Ducati Team
記事タイプ 速報ニュース