イアンノーネ「前半はタイヤと燃費を管理していた。完璧な戦略だった」

オーストリアGPの勝者となったアンドレア・イアンノーネは、勝因となったタイヤ選択について、ミシュランとエンジニアの提言に従ったと語る。

 ポールポジションからスタートしたアンドレア・イアンノーネは、フロントにソフト、リヤにミディアムのタイヤを履くことを選択した。しかし、彼のライバルたちは、フロントにミディアムを、リヤにハードを履いていた。

 結果的にはイアンノーネの賭けは報われ、チームメイトのアンドレア・ドヴィツィオーゾを抜くと、柔らかいタイヤを履いていたにもかかわらず、レース終盤にギャップを保つことに成功した。

「優勝のために戦うことができる良いチャンスにもかかわらず、誰もがハードタイヤを履き、そして僕がソフトタイヤを履いているということは、とても大きなリスクだ」

 レース後、イアンノーネは語った。

「僕は昨日、両方のタイヤを試した。そして、僕にとってハードタイヤは、6〜7周も走ると、大きくペースが落ちるように感じたんだ。特に右側のマネジメントが非常に難しかった」

「そしてFP4で、僕はソフトタイヤを履いて、短いロングランをしたんだ。僕は22周を走ったんだけど、最後の3周は1分24秒2、1分23秒9、1分23秒9だったんだ」

「僕はピットに戻って、僕のエンジニアとミシュランの担当者と話をした。そして、僕のフィーリングを説明したんだ。僕は、このタイヤがレースで優れていると考えた。しかし、ミシュランは最初、100%合意することはなかった。しかし、今日は自分自信を信じた」

 イアンノーネはレース前のウォームアップで、当初のタイヤ選択に戻した。しかし、最終的には彼の好みを採用することになった。

「最初は僕が決めた。『OK、みんなと同じようにスタートしよう』とね。しかし最後の瞬間、僕は自分の仕事と僕のエンジニア、僕のチームを信頼した。そして、僕はソフトタイヤを使ったんだ」

「僕のエンジニアは尋ねた。『なぜこのタイヤが良いんだい? みんなと同じで行けば、僕らは良い可能性を持っていると思うよ』とね」

「僕は自分自身を信じて、そしてそれが強い選択だと考えたんだ」

レース中のタイヤマネジメント

 レース終盤にリードを再び奪って勝利を目指す前、レース序盤はタイヤの磨耗と燃費を管理していたことを、イアンノーネは認めた。

「信じられないレースだった」とイアンノーネは言う。

「アンドレア(ドヴィツィオーゾ)は、とても速かった。ブレーキングポイントで、とても強かったんだ。また、ホルヘ(ロレンソ)もレース序盤には僕の前にとどまり、とても速かった」

「僕はレースをマネジメントするために、最善を尽くした。だから、あまりプッシュしなかったんだ。タイヤをマネジメントするのは、非常に重要だった。だから100%使わず、スピンさせず、そしてスライドさせないようにしたんだ。その戦略は素晴らしかったと思う」

「僕はまた、燃費も気にしていた。レース前半は、できるだけ少ない燃料で走ろうとしたんだ。そして、マップを切り替えた後、僕はバイクを少しプッシュした。チームからは、その戦略が完璧だったと言われた。僕はとても幸せだよ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 オーストリアGP
サーキット レッドブルリンク
ドライバー Andrea Iannone
チーム Ducati Team
記事タイプ 速報ニュース