イギリスGPで右足骨折のバズ、アラゴンGPで復帰へ

ロリス・バズは、今週末のアラゴンGPで復帰する予定だ。彼は右足の骨折により、サンマリノGPを欠場していた。

 イギリスGPの1周目、ポル・エスパルガロ(テック3ヤマハ)と大クラッシュを喫したロリス・バズ(Avintia Racing)は、右足に複数の骨折を負った。そのため、先日行われたサンマリノGPに欠場することを強いられた。

 バズは今週末のアラゴンで復帰を目指しており、木曜日に検査を受け、そこで問題なしと判断されれば、金曜日のフリー走行に出走することが許されることになる。バズが実際に日曜日のレースに参加できるかどうかは、その後判断される。

「僕はまだ完璧ではない。足はまだ痛いしね。しかし、僕はバイクに乗れると思うし、ドクターや理学療法士も同じ意見だ」とバズは言う。

「僕は木曜日に、サーキットで医師の最終チェックを受ける。そして、金曜日にサーキットを走り、バイクに乗った際にどう感じるかがわかる。僕はクラッシュしてから、フィジオと共に耐えずたくさんの仕事に取り組んできた。足の動きを取り戻すために、プールで多くの作業をこなしてきた」

「僕は確実に改善しているけど、バイクに乗ってどう感じるのか、確認する必要がある。僕はアラゴンでポジティブな週末を過ごすことができるのを、楽しみにしている。もし可能であれば、いくらかのポイントを獲ることについても挑戦したいね。しかし、まず僕の目標は、バイクに乗って感覚を掴むことになる。そして、フライアウェイの3レースに良い形で臨みたいね」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 アラゴンGP
サーキット モーターランド・アラゴン
ドライバー Loris Baz
チーム Avintia Racing
記事タイプ 速報ニュース