エルナンデス、シート喪失でMoto2へ。アブラハムがMotoGP復帰

カレル・アブラハムがMotoGPに復帰するのに伴って、シートを喪失したエルナンデスは、Moto2クラスに参戦するようだ。

 火曜日、今季ワールドスーパーバイクに参戦している、カレル・アブラハムがアスパルチームからMotoGPに復帰することが発表された。チームメイトとなる、アルバロ・バウティスタが1年落ちのドゥカティ機、デスモセディチGP16に乗る一方で、アブラハムは、2年落ちのデスモセディチGP15に乗ることになる。

 アブラハムの加入により、ヨニー・エルナンデスはシートを喪失することになった。今季のチームメイトのユージン・ラバティに比べ、パフォーマンスが不足しているとチームは考えているようだ。

 エルナンデスは今季、わずか17ポイントしか獲得できておらず、これはレギュラー参戦しているライダーの中で最下位だ。一方で、来季アプリリアからワールドスーパーバイクに参戦するラバティは、71ポイントを獲得し、ランキング12位となっている。

 最高峰クラスに5年間参戦したエルナンデスは来季、Moto2クラスのAGR・カレックスに加わり、2010年から2年間戦ったカテゴリに戻ることになる。

「僕はAGRにとても感謝しているし、このチームで新しいプロジェクトに参加することを楽しみにしている」とエルナンデスは語った。彼のMoto2クラスでのベストリザルトは、6位フィニッシュが2回となっている。

「優勝を争うことができると願っている。僕にとって、これは新しいチャレンジだ。共に良い仕事ができるように願っている」

 AGRは、2017年のライダーのラインナップを発表しておらず、エルナンデスのチームメイトは未定のままだ。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP , Moto2
ドライバー Yonny Hernandez
チーム AGR Team
記事タイプ 速報ニュース