スズキのビニャーレス、GSX-RRの加速性能に不満

マーベリック・ビニャーレスは、スズキのバイクの弱点である加速性能が露呈してしまったことに、落胆を隠せないでいる。

 スズキのマーベリック・ビニャーレスは、フリー走行3回目で2番手になったものの、予選Q2ではポールポジションを獲得したドゥカティのアンドレア・イアンノーネの0.442秒後方の6番手で終えた。

 スズキがMotoGPに復帰した2015年、加速性能とトップスピードが最大の弱点だった。しかし、オフシーズンにエンジンとギヤボックスを改良したことにより、GSX-RRはより競争力を身につけることとなった。

 しかしビニャーレスは、特にコーナー出口における加速性能は、今もスズキの弱点であることを語った。そして、その結果、ハードにプッシュすることができなかったと不満を露わにした。

「僕らは朝から比べると、少し進歩した。しかし十分じゃない。他の人たちは、もっと改善してきたんだ」とビニャーレスは言う。

「問題は、加速する最初の部分なんだ」

「その差がエレクトロニクスの面なのか、それともセットアップから来るものなのかは分からない。でも、今朝のフィーリングはすごく良かったんだ。僕が1分23秒7を記録した時には、まだ100%プッシュしていなかったんだ」

「僕は予選のために何割かを温存しておこうとしたんだ。そして、予選を迎えたら、温度が高くて、良い加速を行うことは不可能だった」

「バイクを最大限傾けた時、僕はガスに触れると、多く滑っていた。まだ分からないけど、僕らはできる限り速く走れる方法を見つけなければならない。なぜなら、それはいつも同じなんだ」

「それを知って、少し複雑になり始めている。100%プッシュしなければならなくても、それができないんだ」

怪我のエスパルガロは満足

 ビニャーレスのチームメイトであるアレイシ・エスパルガロは、金曜日の怪我から復帰し、予選を9番手で終えた。

 彼は怪我の影響を認めつつも、パフォーマンスについては楽観的だった。そして、改良されたGSX-RRのウイングレットは、明らかな違いをもたらしていると言う。

「僕たちはウイリーを抑えることができ、そして加速時により多くのパワーをかけることができるようになった。これは、大きなアドバンテージだよ」

 そうエスパルガロは語る。

「怪我しているにもかかわらず、ポールポジションから0.6秒遅れだった。僕は満足だよ」

「ドゥカティのアドバンテージは、フロントホイールを接地したまま、パワーをかけられるということだ」

「僕たちは日本人のエンジニアとともに、ウイングレットを改善することを決めた。彼らは素晴らしい仕事をしてくれて、大きなウイングレットを用意してくれた。それで、加速時にバイクが少し良くなったんだ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 オーストリアGP
サブイベント 土曜日 予選
サーキット レッドブルリンク
ドライバー Aleix Espargaro , Maverick Viñales
チーム Team Suzuki MotoGP
記事タイプ 速報ニュース