ストーナー、ワイルドカードでのMotoGP参戦を改めて否定

ケーシー・ストーナーは、MotoGPにワイルドカードで出場する可能性を、改めて否定した。

 2007年の最高峰クラスチャンピオンであるケーシー・ストーナーは、先日行われたドゥカティのミサノテストに参加した。また彼は、7月19日と20日にレッドブルリンクで行われるテストにも参加する予定である。

 しかしストーナーは、このテスト以上の計画はないと、改めて述べた。

 ミサノのテスト終了後、同地で行われたドゥカティのイベントに参加したストーナーは、ワイルドカードでの参戦について訊かれた際、次のように答えた。

「現時点では、僕の計画の中にそれはないよ」

「僕の予定の中には、オーストリアでのテストがあるだけだ。その後、僕の将来やテストについて話をしようじゃないか」

「僕にとっては、これらのテストをすることが重要なんだ。そして、僕はそのために準備をしている」

「今のところ、僕はそれについて考えているだけだ。それ以上の計画はないよ」

 ドゥカティのチーム代表であるジジ・ダリーニャも、これを繰り返した。

「我々はすでに何度も申し上げた。ケーシーと我々にとって、ワイルドカードで走ることは、目的ではない」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
ドライバー Casey Stoner
チーム Ducati Team
記事タイプ 速報ニュース
タグ gigi dall'igna