ビニャーレス「マルケスを打ち負かす方法は何もなかった」

マーベリック・ビニャーレスは、グリップが足らず、前を走るマルク・マルケスに追いつけなかったと話した。

 6番グリッドからスタートしたスズキのマーベリック・ビニャーレスは、そのまま6番手でレースを終えた。最初はドゥカティ2台、ヤマハ2台と、マルク・マルケス(ホンダ)と連なって走行していた。

 前の4台はマルケスとビニャーレスを引き離した。ふたりは、レース後半に向けて前と差を詰めていたが、ビニャーレスは前を走るマルケスを追い抜くことは不可能だと考えた。

「今日はこれでバイクの限界だった。これ以上は何もできなかったよ」

「僕は限界までプッシュできると感じていた。しかし、グリップの面でそれは不可能だったんだ」

「コーナー出口ではいつも滑っていて、マルクは遠くに行ってしまった。加速が難しくて、ホイールスピンが多かったんだ」

「レース終盤に向けて、エレクトロニクスについてもっと取り組む必要がある。グリップがある時は1周目を速く走ることができるんだ。そういう時は速くてコンペティティブだと感じていた」

「だけど今日はフィーリングがとても悪くて、バイクはほとんど加速しなかった」

 ビニャーレスは、前を走るマルケスのスリップストリームに入っても追いつけなかった理由として、トップスピードが劣っていると感じていたことも付け加えた。

「今日のバイクはとても遅く感じたし、スリップに入ってもマルクに追いつけなかった」

「モントメロ(バルセロナ)でも、今日と同じフィーリングを感じた。プラクティスの時はとても速かったのに、レースになると多少スピードが落ちてしまった」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 オーストリアGP
サーキット レッドブルリンク
ドライバー Maverick Viñales
チーム Team Suzuki MotoGP
記事タイプ 速報ニュース