ペトルッチ「完全に僕のミス。レディングには申し訳ない」

ダニーロ・ペトルッチは、オープニングラップでの接触は自分のミスであり、レディングのレースを台無しにしたと認めた。

 ダニーロ・ペトルッチ(プラマック・ドゥカティ)もチームメイトのスコット・レディングもトップ10からレースをスタートした。しかし両者はオープニングラップで接触し、レディングはバイクから落ちてしまった。一方のペトルッチはライドスルーペナルティを受けた。

 両者はポイント圏外でレースを終え、ドゥカティは1台もトップ10でフィニッシュすることができなかった。

「スコットをパスしようとして、彼とサイドバイサイドになった。接触するとは思ってなかったけど、彼がワイドなラインを走った。そして縁石を過ぎたところで、彼はステアリングを失ったんだ」とペトルッチは説明した。

「僕の足はぶつかってないけど、僕の足があったから彼はワイドに走ることになってしまった」

「もちろん、もし僕がイン側を走っていなければ彼はクラッシュしなかった。彼には申し訳ないことをした。完全に僕のミスだ」

 しかしペトルッチは、レディングのバイクにも問題があったと示唆している。

「かなりハードにブレーキをかけたけど、バイクが止まらなかった」

「何周か走っているうちに、本当にワイドにしか走れなくて、それでペナルティを受けた。それと同時に、ソフトウェアの問題が発生してパワーが落ちた。毎ラップ、スピードが落ちていって、パワーもなくなっていった。ECUになにかおかしいところがあったんだと思う」

「スコットをクラッシュに追い込んでしまって申し訳ない。今まではこんなことなかったのに、これで今年2回目だ。オーストリアでユージン・ラバティ(Aspar Team)とのことがあって、これが2回目だけど、本当に申し訳ない。彼(レディング)はとても怒っているし、僕が彼のレースを台無しにしたんだから、怒って当然だ」

 ペトルッチとレディングは今年、Ducati Desmosedici GP17を駆って激しいバトルを繰り広げており、そのうち片方のドライバーのみがプラマックに残留することになっている。

 レディングと話をしたかと質問されたペトルッチは、「彼はとても怒っていて、僕に『ありがとう』としか言ってくれない。皮肉だと思うけどね」

「彼に謝ろうとしたし、すべてが僕のミスではないと説明しようとした。でも結果として、僕は彼のレースを台無しにしてしまったし、僕のレースもそうなってしまった。本当に困っている」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 アラゴンGP
サーキット モーターランド・アラゴン
ドライバー Danilo Petrucci , Scott Redding
チーム Pramac Racing
記事タイプ 速報ニュース