ホンダ、ミサノで来季エンジンをテストか?

ホンダは、来週月曜日に行われるミサノでのプライベートテストで、2017年用のエンジンをテストする計画を立てている。

 ホンダは、来週月曜日にミサノで、来季のエンジンのベースをテストする計画を立てている。だがホンダはもともと、チェコGPの翌日ブルノで行われたテストで、マルク・マルケスとダニ・ペドロサによって、新しいエンジンでの初走行を計画していた。

 しかしながら、ホンダはこれを延期。ライダーとチームによれば、現在のエンジンを改善することに注力していたのだと言う。ホンダはシーズンのその時点で、予想されていたより多くの問題を抱えていたからだ。

 motorsport.comは、ホンダが新しいエンジンを月曜日のテストで試したがっているという情報を、ヤマハから得た。ヤマハは、もともとこのテストに参加する予定だったが、参加を取りやめている。

 新しいエンジンがマルケスとペドロサに準備されているかどうか、ホンダはまだ認めていない。また、前方ではなく後方に回転する、逆回転クランクシャフトを維持するかどうかについては大きな疑問符がつく。

 直近のライバルであるヤマハのバレンティーノ・ロッシに対して、50ポイント上回りチャンピオンシップをリードしているにも関わらず、マルケスはシーズン序盤のレースから、エンジン哲学の変更は功を奏していないと主張している。

 月曜日のテストに続き、ホンダは、その2週間後に行われるアラゴンでのレースの後にも、1日エンジンをテストすることができるだろう。

 ホンダは来シーズンの手の内を見せる最初のチームになる。残りのチームは、ミシュランが2017年にどんなタイヤを供給するのかについて、より明らかになるまで待つつもりだ。特に今シーズンの前半で、すべてのコンパウンドに変更が加えられていることを考慮すると尚更だろう。 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
ドライバー Dani Pedrosa , Marc Marquez
チーム Repsol Honda Team
記事タイプ 速報ニュース