マルケス、ロッシとの関係性は「それほど緊迫していない」

マルク・マルケスは、バレンティーノ・ロッシとシルバーストンで激しくバトルしたが、彼とロッシとの関係について、『もはやそれほど緊迫していない』と語った。

 MotoGPイギリスGPで繰り広げられた、ホンダのマルク・マルケスとヤマハのバレンティーノ・ロッシの数ラップにわたるバトルは、見ている人々に昨年のセパンで起きた事件を思い起こさせた。

 マルケスがカル・クラッチロー(LCRホンダ)とのバトルでミスを犯し表彰台を逃す前に、マルケスとロッシは、お互いに何度も抜きつ抜かれつのバトルを演じた。

 マルケスは決勝の後、バイクを降りてすぐに、ロッシとのバトルを楽しんでいたことを認め、ハードにプッシュし過ぎたせいで、2位を獲得できなかったと語った。

「レースの後ガレージに着いて、通常のミーティングをしたんだ。それから耳を引っ張られて少し叱られたよ!」とマルケスは語った。彼は、ランキング2位のロッシに対して50ポイントリードしている。

「フロントタイヤの選択ミスが全てだった。(彼はフロントにソフトを選択)だけど、バトルで熱くなって、リスクを取ることに決めたんだ」

 観客が立ち上がってしまうような、彼とロッシのバトルについて、マルケスはこれがマレーシアで起きたことの再現にはならないと主張した。

 ロッシが、今回のバトルをセパンのものと比べて『今回は両方のライダーが同じ目標、より速くより前に挑戦するという目標を持っていた』と考えていることについて、どう思うか尋ねられたマルケスは、そのような議論に巻き込まれたくないと語った。

「そのことについては話さないし、バレンティーノの考えやコメントは気にしていない。毎回自分が何をやったかは、自分がよくわかってるよ」

 その夜遅くに、マルケスはスペインのラジオ番組『EL トランジスター』に参加し、ルイス・サロムが悲劇的な死を遂げたバルセロナでふたりが握手した後、ロッシとの関係がどうなっているかについて尋ねられた。

「大切なのは、バレンティーノとの関係性が誠実であり、僕らふたりがプロフェッショナルであること。そしてそれがモーターサイクルにとって良いことだということだ」とマルケスは語った。

「プレスカンファレンスでは、ふたりの関係はそれほど緊張していないと言った。今ではお互いに挨拶するし、握手もする。トラックでは、バトルしなくてはいけない時にはバトルするよ。彼とも、他の誰とでもね」

関連ニュース:マルケスとのバトルを「昨年のセパンと違って」楽しんだロッシ

       マルケス「2位で終われたのに、リスクを取りすぎた」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 イギリスGP
サーキット シルバーストン
ドライバー Marc Marquez , Valentino Rossi
記事タイプ 速報ニュース