マルケス、病院での検査も問題なし。残りセッションに出走へ

マルク・マルケスは病院での検査の結果、オーストリアGPの残りのセッションに参加することが確認された。

 マルク・マルケスはフリー走行3回目のセッション中、ターン3でオーバーランしたチームメイトのダニ・ペドロサを避ける際に転倒。左肩を脱臼してしまった。

 脱臼した肩は問題なしとされたが、この事故により頭部へのダメージが心配されたため、念のために病院に搬送され、CTスキャンによるチェックを受けた。

 この検査でも問題なしと判断されたため、マルケスはサーキットに戻り、残りのセッションに参加することになった。

 現在ポイントリーダーのマルケスは、2番手のホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)に対して48ポイントのリードを築いている。

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 オーストリアGP
サーキット レッドブルリンク
ドライバー Marc Marquez
チーム Repsol Honda Team
記事タイプ 速報ニュース