マルケスとクラッチロー、決勝のヤマハを警戒。「彼らは追い上げてくるはず」

マルケスとクラッチローは、予選で後方に沈んだロッシとロレンソは、レースで追い上げてくるはずだと語った。

 ホンダのマルク・マルケスはオーストラリアGPの予選、乾いていく路面状況の中、スリックタイヤでアタックを敢行し、ポールポジションを獲得した。ヤマハのホルヘ・ロレンソは、マルケスから6.6秒遅れのQ2最下位となった。

 バレンティーノ・ロッシは、2011年以来最悪となる予選を過ごし、Q1敗退となる15番手となってしまった。

 タイトル争いのライバルだった、ヤマハのふたりがこんなにも苦しんだのは驚きだったかと問われたマルケスは「ああ、もちろん」と答えた。

「ホルヘについては、(今まで)こんな感じのコンディションで苦しんでいたように見えたけど、Q1ではウェットタイヤで良いラップをして、Q2に進んだ。でもそれから、彼はQ2で苦しんでいた」

「なぜかはわからない。おそらく明日は、最速のライダーのひとりだと思う。彼は才能に溢れているからね」

「バレンティーノに関しては、インターミディエイトに替えようとピットインしたけど、正しいタイミングではなかった。彼はリスクを取ったけど、今回は正しい戦略ではなかった」

「明日、通常のレースになれば、彼らは速いだろう」

 予選2番手を獲得したカル・クラッチロー(LCRホンダ)も、マルケスの意見に賛同し、ヤマハの2台のグリッドが後方だったとしても、レースでヤマハに抜かれても驚きではないと語った。

「彼らがかなり後ろにいるのは驚きだが、誰にでも起こることだ」とクラッチローは語った。

「この週末はトリッキーなコンディションだったし、みんな知っている通り、今のホルヘはこういうコンディションで苦しんでいる」

「マルクが言ったように、ヴァレ(ロッシ)は(Q1でピットインする)タイミングを間違えた。トラックが非常に素早く乾いたので、本当に普通じゃないQ1になった」

「彼らにとっては残念だろうけど、彼らはレースでは追い上げると思っている。レースのどこかの時点で、僕がヤマハの1台に抜かれても、驚きじゃないよ」

「2台ともに抜かれたら驚きだけどね!」

関連

”災難”だった予選を振り返るロッシ。「フロントタイヤの感触が全くなかった」

タイヤのウォームアップに苦しんでいるロレンソ。「Q2はただの”ラッキー”」

タイヤ選択を悔やむクラッチロー。「正しい選択をしていればマルケスに挑戦できた」

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 オーストラリアGP
サーキット フィリップアイランド・グランプリ・サーキット
ドライバー Cal Crutchlow , Jorge Lorenzo , Marc Marquez , Valentino Rossi
チーム Yamaha Factory Racing , Repsol Honda Team
記事タイプ 速報ニュース