ロウズ、次のアラゴンにも出場決定

アレックス・ロウズは、ブラッドリー・スミスの代役で次戦アラゴンのレースにも出場することが決定した。

 ブラッドリー・スミス(テック3)は、ドイツのオシャースレーベンで行われた8時間耐久レースのフリー走行で、ライバルのライダーに足をひかれてしまい、裂傷を負った。

 スミスはシルバーストーンとミサノの2レースを欠場し、先週の水曜日には外科で診察を受けた。

 現在も治療中であるスミスは、もてぎ以降の終盤4レースに参戦したいと願っている。

 スミスの代役は、ヤマハからスーパーバイク選手権に参戦しているアレックス・ロウズが務めており、そのスミスは先週シルバーストーンで行われたレースでMotoGPデビューを果たし13位でフィニッシュ。今回のミサノのレースでは8周目に転倒し、リタイアとなった。

 ロウズは、「何が起きたのかわからない」とBT Sportに話した。

「何の兆候もなく、フロントを失ったんだ」

「暑かったからグリップがほとんどなかった。たぶんタイヤに十分な負荷をかけられなかったんだと思う、このタイヤには常に負荷をかけないといけないようだ」

「僕は毎週学んでいるよ。レースを楽しむ機会はあるし、これまでもたくさん学んできた。素晴らしい週末だったけど、結果を出すためにも、もっと様々なことでチームを盛り上げたい。シルバーストーンよりいいステップだったし、これが今回の目標だった」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 アラゴンGP
サーキット モーターランド・アラゴン
ドライバー Alex Lowes , Bradley Smith
チーム Tech 3
記事タイプ 速報ニュース