ロッシ「ここではホンダが競争力を持っている」と警戒

金曜日のフリー走行ではホンダ勢よりも良いペースで走行したロッシだが、依然としてホンダに一目置いている。

 バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)は、金曜日のフリー走行を2番手と4番手で終え、ホンダの1台には敵わなかったものの、充実した金曜日を過ごした。

 しかしロッシは、ライバルのマルク・マルケス(ホンダ)のレースペースを注視している。

「僕たちは悪くなかったし、特に新品のタイヤを履いた時にはかなり速かった。でも、何周か走った後は我慢の周回だった」とロッシは認めた。

「タイヤに負荷をかけすぎてグリップを失ったし、パフォーマンスも発揮できなかった。ホンダのペースはかなり良さそうだし、パフォーマンスなどを改善していくことが必要だ」

「トップを走っていたわけじゃないけど、彼らは何周か走った後も、ペースを保っていたし、タイヤにあまり負荷がかかっていないように見えた。彼らに挑むには、こういう点を改善する必要がある」

「僕たちには特定の弱点はないし、どのサーキットでもそれなりに走ることができる。でもここでは、ホンダの2台、特にファクトリーライダーのふたりやカル・クラッチロー(LCRホンダ)はペースが良さそうだし、競争力を発揮してきそうだ。だから僕たちもここで改善していく必要がある」

 一方、ロッシのチームメイトであるホルヘ・ロレンソは、フリー走行を5番手と7番手で終えた。

「僕たちはたくさんのことを改善していかないといけない。特に、バイクを止めることができないコーナーの入り口でね。でも僕らは、7番手よりも実際はもっと良い位置にいると思う」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
ドライバー Valentino Rossi
チーム Repsol Honda Team , Yamaha Factory Racing
記事タイプ 速報ニュース