ロレンソ、ウェットの予選でもペースを発揮。「”サプライズ”ではない」

ロレンソは、ウェットコンディションとなった予選でも、パフォーマンスを発揮できたのは驚きではないと語った。

 ヤマハのホルヘ・ロレンソは今シーズン、ウェットコンディションでペースに苦しむ場面が目立った。

 しかし、今週のマレーシアでは、ウェットコンディションでも強さを発揮し、FP4で4番手となった後、ポールポジションを獲得したドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾから0.302秒遅れの3番手となった。

「雨が降ったセパンでは、僕は常に速かった。だから今週、雨が降った状態で僕に競争力があったのは、驚きではない」とロレンソは語った。

「トラックのグリップはすごく良かった」

「雨が降ったら、僕に競争力が全く無くなるというのは、真実だとは思わない。おそらく、僕は今年ミシュランタイヤにすごく苦しんでいて、特に雨になった最初の2レースは、フロントタイヤについて、良いフィーリングを得るのに苦しんだんだ」

「でも、ブリヂストンを履いていた過去には、雨のレースを勝っていた。ポールポジションを獲ったこともあるし、表彰台に乗ったこともある。ただ自信が必要なだけだ。それがないときには、速く走るのが難しいんだ」

「みんながドライレースを望んでいるはずだ」

 ロレンソは、彼や他のライダー全員が、ドライでレースを戦いたいと思うはずだと語った。

「僕らは、完全にドライの状態でフリー走行を走っていない。セッション最後の数分になっても、まだいくつかウェットパッチがトラックに残っていたからね」

「けどグリップは素晴らしかった。僕らのバイクには良いグリップがあって、路面のバンプがなくなったのもすごく良いことだ。ドライでも、ウェットでも僕には競争力がある」

「ドライでは、4人のライダーが同じようなペースで走れるだろう。ウェットになったFP4と予選でも、僕は快適に感じていた。だからおそらく、(ウェットでは)マーベリック(ビニャーレス)よりも少しペースがあるだろう」

「けどあらゆることが起きる可能性がある。どのラップの、どのコーナーでもクラッシュする可能性がある。だから、みんながドライのレースを望んでいるはずだ」

【関連ニュース】

MotoGPマレーシアGP:FP3 トップタイムはビニャーレス。上位は大混戦模様

 MotoGPマレーシアGP予選:雨の予選でドヴィツィオーゾがポール。マルケスはフロントローを逃す

クラッチロー「Q2での転倒がなければポールポジションが獲れた」

胃腸炎に苦しめられたマルケス。「セットアップの”ギャンブル”も失敗した」

ロッシ、予選でタイヤを変えなかったことを後悔せず。ドヴィツィオーゾは自身で交換決断

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 マレーシアGP
サーキット セパン・インターナショナル・サーキット
ドライバー Jorge Lorenzo
チーム Yamaha Factory Racing
記事タイプ 速報ニュース