ロレンソ、ヤマハを離脱。2017年はドゥカティへ

ホルヘ・ロレンソは今季限りでヤマハを離れ、来季よりドゥカティに加入することが明らかになった。契約期間は2年とみられている

 ホルヘ・ロレンソは今季限りでヤマハを離れ、来季よりドゥカティに移籍することを発表した。

 ロレンソがドゥカティに移籍するという話は、この数週間取りざたされてきた。しかし、週末にスペインGPの開催を控えた月曜日、ついにその決定が発表された。

 ロレンソとドゥカティの契約は、2017年と2018年をカバーする、2年契約となっている。

 ヤマハとロレンソは、ロレンソがMotoGPに昇格した2008年以来、9年間にわたって共にこの世界を歩んできた。これまでに彼らは3回のチャンピオンと41勝、99回の表彰台、36回のポールポジションと27回のファステストラップを記録してきた。ヤマハのMotoGPの歴史の中で、最も成功したライダーのうちのひとりだと言っても過言ではない。

 ヤマハはヴァレンティーノ・ロッシとの契約を2018年まで更新しているが、ロレンソの離脱により、そのシートに空きができたということになる。

 ロレンソが移籍するドゥカティには、アンドレア・ドヴィツィオーゾとアンドレア・イアンノーネのふたりが所属しているが、彼らふたりの契約はまだ未定。したがって、現時点ではロレンソが来年誰と組むのかは分かっていない。

 ロレンソは、最近になってヤマハが、これまでにない良い条件のオファーを出したことを認めていた。しかし今のチームはロッシ中心となっており、ロレンソは居心地の悪さを感じていたという。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
ドライバー Jorge Lorenzo
チーム Ducati Team , Yamaha Factory Racing
記事タイプ 速報ニュース