ロレンソのチームメンバーは、ドゥカティに移籍せず

ホルヘ・ロレンソの現在のチームのメンバーの大部分はヤマハに残留し、メカニックひとりだけがドゥカティに帯同するようだ。

 ホルヘ・ロレンソのテクニカルチームの大部分は、彼が2008年にMotoGPクラスにデビューして以来、ほとんど変わっていない。しかし彼らのほとんどは、来季ドゥカティに移籍するロレンソと、行動を共にすることはないようだ。

 ドゥカティは、チームの中期計画の礎としてロレンソを獲得することを選んだ。そして、彼のチーフメカニックを何年も務めているラモン・フォルカーダも獲得することを試みた。

 しかし先週のカタルニアGPの際、フォルカーダはドゥカティに対し、ヤマハに残る決断をしたことを知らせた。フォルカーダは、ヤマハに新加入するマーベリック・ビニャーレスの技術的側面を統括することになる。その他のロレンソのチームスタッフも、ヤマハに残ることを決断した。

 これは、ロレンソはただひとり、ファン・リャンサのみをドゥカティに伴う事になったということを意味している。リャンサはロレンソが2003年に125ccクラスにデビューした際から共に仕事をする、信頼できるメカニックのひとりである。

 リャンサは、ロレンソの3回のMotoGPチャンピオン獲得時に、常に身近な存在だった。また、下位カテゴリーの際にもロレンソに帯同し、2006年と2007年にアプリリアで250ccチャンピオンに輝いた際も一緒だった。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
ドライバー Jorge Lorenzo
チーム Ducati Team , Yamaha Factory Racing
記事タイプ 速報ニュース