転倒の”予兆”を何も感じなかったロッシ。「クラッシュしてすごく驚いた」

ロッシは、転倒してしまった原因について、オーバースピードでもラインを外したわけでもないと語った。

 ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、日本GPをポールポジションからスタートしたが、トップのマルク・マルケス(ホンダ)を追う2番手を走行中の7周目、フロントタイヤのグリップを失い、ターン10で転倒してしまった。

 マルケスはそのままトップでチェッカーを受け、3レースを残してMotoGPチャンピオンに輝いている。

「何も予兆は感じなかった。クラッシュする時は普通、事前に何かを感じるものだ。だから、僕にとって(クラッシュしたこと)は大きな驚きだった」とロッシは説明した。

「僕はプッシュしていた。マルクに追いつこうとしていたから。そのラップで追いつけるとは思っていなかったから、実際おかしなことは何もしていない。その前のラップと、区間タイムやラップタイムは非常によく似たものだった」

 ロッシはオースティンでも、フロントを失ってクラッシュを喫しているが、もてぎでのアクシデントは、それとはかなり異なるものだったと語った。

「オースティンでは、ターン2でタイトに進入してしまい、バンプを踏んでしまった。オースティンでは予兆を感じたし、”くそっ!”って言ったよ。そう言った時には、僕はすでにグラベルに転がっていたけどね!」と彼は冗談を言った。

「僕らは強かったから、残念だ。実際には、マルクを倒すのは難しかったと思うけど、彼の近くをキープして、彼と戦うことはできたと思う」

 レースの影響をどう感じているかと尋ねられたロッシは、次のように答えた。

「そうだね、クラッシュから時間が経っているから。長いミーティングをしたし、次のシーズンに向けての作業に集中をしていく。けど、今シーズンはまだ3レース残っているし、3つのトラックは素晴らしいし、好きなんだ。僕らは、(ホルヘ)ロレンソとランキング2位を争わなくちゃいけない」

「おそらく、今夜僕はもっと荒れるだろうけど、今は……」

「僕はOKだったし、集中していた。良いフィーリングだったんだ。何も予兆を感じなかったのは残念だし、予想もしてなかったけど、結果はこの通りさ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 日本GP
サーキット ツインリンクもてぎ
ドライバー Valentino Rossi
チーム Yamaha Factory Racing
記事タイプ 速報ニュース