アキュラNSX GT3、今週末のPWCで走行予定

アメリカのミッドオハイオで行われるピレリ・ワールド・チャレンジのフリー走行で、アキュラNSXのGT3マシンが走行する予定だ。

 今年のニューヨーク国際オートショーで公開されたアキュラNSX GT3は、2017年の北米GTレースに参戦するために、この秋FIA GT3クラスのホモロゲーションを取得することを目指している。このマシンには75度3.5リッターV6ツインターボエンジンが搭載され、これに6速シーケンシャルギヤボックスが組み合わされる。

 今週末にミッドオハイオで行われるピレリ・ワールド・チャレンジ(PWC)に、このアキュラNSX GT3が登場し、木曜日と金曜日の2日間にわたって走行を行う予定だという。

 アキュラNSX GT3のアルミニウム合金を使用した”マルチマテリアル車体”は、オハイオ州メリーズヒルにあるパフォーマンス・マニュファクチャリング・センターで、そしてエンジンは、同州アンナにある工場で組み立てられる。

 NSX GT3の初期開発は、日本とヨーロッパで行われた。そして追加の開発とテスト、そしてFIA GT3の最終ホモロゲーションは、HPD(ホンダ・パフォーマンス・デベロップメント/ホンダの北米レース活動専門会社)で行われる予定だ。

NSX GT3のテスト動画

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ PWC
ドライバー Peter Kox
チーム リアルタイム・レーシング
記事タイプ 速報ニュース