フィンランドラリー選手権最終戦:新井大輝が総合3位、勝田貴元は総合11位で完走。

新井と勝田は、TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジプログラムの一環である、今季の実践トレーニングを終えた。

 TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジプログラムにて欧州でトレーニング中の勝田貴元、新井大輝が、9月23(金)‐24日(土)に開催されたフィンランドラリー選手権最終戦(第6戦)Pirelli RalliのSM1クラスにR5車両(フォード・フィエスタ)で参戦した。新井大輝/グレン・マクニール組は総合3位、クラス3位に入賞、勝田貴元/ダニエル・バリット組は総合11位、クラス8位で完走し、今シーズンの実戦トレーニングを締めくくった。 

 フィンランド・タンペレ市を中心に行われるPirelli Ralliは、2日間で総SS距離120.59km、過去にはWRCのフィンランド戦でも使用された伝統的なステージなども含む9つのステージで競われ、非常に難しいとされるラリーである。 昨年は勝田、新井共にリタイアを喫したが、その後一年間積み重ねたトレーニングの成果を発揮すべく、今年は自信を持って臨んだ。 

 Day1はSS1とSS2の2本を走り、新井がクラス6位、勝田はクラス13位で終えた。Day2は本ラリーお馴染みのSSであり、かつて何台もの車両をリタイアさせた難ステージであるSS3 - Savoからスタート。新井はこのステージを知り尽くした地元ドライバー達を抑えてトップタイムを出し、現地のラリー関係者や観衆を沸かせた。「コ・ドライバーのグレンと一緒にこれまで色々工夫してきたペースノートが完璧に働いた結果です」と振り返った。また、新井は今回から新設されたステージであるSS8とSS9でもトップタイムを記録し、総合3位でラリーを終えた。総合1位のJuha Saloとは9.6秒差、2位のAri Vihavainenとは僅か1.6秒差であった。一方、勝田も得意とするターマックステージ(SS5)でトップタイムを出したほか、全ステージをうまくコントロールして走りきった。 

 全9ステージのうち4つのステージで日本人ドライバーの2人がトップタイムを出したことについて、チーフインストラクターのヨウニ・アンプヤは、「2人がそれぞれトップタイムを出したことは驚きではなく、やるべきことを着実にこなした彼らの当然の結果である」と両ドライバーを称えた。「新井が2つのステージでかなりのタイムロスをしてしまったことはとても残念だったが、ペースを取り戻してからの彼の走りは素晴らしかった。 勝田の走りは彼のペースノート経験の少なさがまだ影響しているが、今後さらに経験を積んでいけば競技スピードは自然についてくる」と分析し、両ドライバー共に今シーズンの育成目標レベルに到達したと、満足した表情を見せた。 

勝田貴元

 今回はペースノート作りがとても難しく感じました。それでもダニエルの助けもあって、自分たちのノートを作る事が出来たと思います。ダニエルからから多くの事を学ばせてもらいました。一年前のノートでは完走できませんでした。最後のステージではタイヤをバーストさせてしまいましたが、最後まで走り切る事ができて本当によかったと思います。自分の課題も具体的に分かってきました。少しでも多くの経験を踏んで、一つ一つ改善し、自分の成長につなげたいと思います。 

新井大輝

 SS4でハーフスピンしてしまうなど、トップとかなり離されてしまったステージもありましたが、最後のSS8とSS9で差を詰めることができて良かったです。ペースノートの表現について、これまでグレンと2人で試行錯誤しながら色々やってきたことがうまく機能しました。それが良い結果へとつながり、自信にもなりました。次の課題はもっと自然に運転ができるようになること。また、地元ドライバー達がどう走っているかを考えて走ることができれば、次はもっといい勝負ができると思います。

【TOYOTA GAZOO Racing News】

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Other rally
イベント名 フィンランドラリー選手権
ドライバー Hiroki Arai , Takamoto Katsuta
記事タイプ プレスリリース