スーパーフォーミュラ第2戦岡山日曜フリー走行:石浦トップで決勝へ盤石

スーパーフォーミュラ第2戦岡山の日曜フリー走行。昨日の予選でポールポジションを獲得した、石浦宏明がトップタイムを記録した。

 スーパーフォーミュラ第2戦岡山の日曜フリー走行が朝9時から行われた。前日と比べると、少し肌寒い気候である。

 グリーンシグナルが点灯すると、一斉にマシンがコースインしていった。走り始めの段階ではホンダ勢が速い。山本尚貴(TEAM 無限)、伊沢拓也(REAL RACING)、塚越広大(REAL RACING)、野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)らがタイミングモニターの上位を占めた。その後、トヨタ勢もタイムを更新し、セッション開始から10分が経過した時点で、順位はナレイン・カーティケヤン(SUNOCO Team LeMans)、アンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)、中嶋大佑(NAKAJIMA RACING)がトップ3となっていた。

 快調に走行を重ねていたカーティケヤンだが、アトウッドコーナーでコースアウト。グラベルでマシンを止めたために、セッションは赤旗中断。マシンの回収作業が行われた。

 9時17分にセッションが再開され、再びマシンがコースイン。予選では振るわなかった小林可夢偉(SUNOCO Team LeMans)がタイムを削り、4番手にポジションを上げると、さらに予選ポールポジションの石浦宏明(P.MU / CERUMO · INGING)がトップタイムとなる1分16秒256をマークした。

 結局このセッションのトップは石浦、2位はカーティケアン、3位は可夢偉という順位になった。

 サーキット周辺は曇り空で、雨がポツポツと降っている。午後の決勝レースのコンディションが雨交じりになるようであれば、チームやドライバーの判断が明暗を分けることになるかもしれない。

■スーパーフォーミュラ第2戦岡山 日曜日フリー走行
1. 1 石浦宏明(P.MU / CERUMO · INGING)1'16''256
2. 7 ナレイン・カーティケヤン(SUNOCO Team LeMans)1'16''323
3. 8 小林可夢偉(SUNOCO Team LeMans)1'16''659
4. 36 アンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)1'16''673
5. 19 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)1'16''768
6. 20 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)1'16''894
7. 64 中嶋大祐(NAKAJIMA RACING)1'17''080
8. 16 山本尚貴(TEAM 無限)1'17''136
9. 34 小暮卓史(DRAGO CORSE)1'17''143
10. 10 塚越広大(REAL RACING)1'17''258
11. 3 ジェームス・ロシター(KONDO RACING)1'17''262
12. 65 ベルトラン・バゲット(NAKAJIMA RACING)1'17''440
13. 41 ストフェル・バンドーン(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)1'17''532
14. 37 中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)1'17''567
15. 11 伊沢拓也(REAL RACING)1'17''587
16. 18 中山雄一(KCMG)1'17''588
17. 2 国本雄資(P.MU / CERUMO · INGING)1'17''621
18. 4 ウイリアム・ブラー(KONDO RACING)1'17''917
19. 40 野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)1'18''166

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント名 第2戦岡山
サブイベント 日曜日 フリー走行
サーキット 岡山国際サーキット
ドライバー Hiroaki Ishiura
記事タイプ フリー走行レポート