スーパーフォーミュラ開幕戦 予選トップ3コメント

スーパーフォーミュラ開幕戦、予選終了後のトップ3ドライバーのコメント

ポールポジション

山本尚貴(TEAM 無限)

「フリー走行ではあまり調子が良くなくて、ポールポジションには届かないかもしれないと思っていました。しかし、Q1で2セット目のタイヤでは手応えが感じられて、マシンの調子も良くなりました。このレースの前に行なった岡山でのテストでは、スタッフのみんなが頑張ってくれて、今日の予選でポールポジションを獲得することができました。決勝レースではトップでゴールしたいです」

予選2位
国本雄資(P.MU / CERUMO · INGING)
「今回の予選は少し荒れた展開になり、誰がノックアウトされてもおかしくない状況でした。また、マシンに少しトラブルもあったので、少し不安でしたが、なんとか予選2位を獲ることができて良かったです。タイヤについては、グリップレベルは高いと思います。1周をまとめるのがちょっと難しいですね。ポールポジションを獲れなかったのは悔しいですが、決勝レースでは勝ちを狙っていきたいです」

予選3位
関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)
「金曜日の専有走行ではトップから1.7秒離され、土曜日のフリー走行では1.8秒離されてしまいました。チームのスタッフは頑張ってくれましたが。とはいうものの、午前中の状況と比べて、午後はフィーリングがかなり良くなってきて、予選では3位を獲得することもできたので、チームのスタッフには感謝しています」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント名 第1戦鈴鹿サーキット
サブイベント 土曜日 予選
サーキット 鈴鹿サーキット
ドライバー Naoki Yamamoto , Yuhi Sekiguchi , Yuji Kunimoto
記事タイプ 予選レポート