【スーパーフォーミュラ】ガスリー参戦へ。ホンダ陣営入りが有力

GP2王者のピエール・ガスリーが、来季スーパーフォーミュラに参戦し、レッドブル・カラーのマシンを走らせることになりそうだ。

 今季のGP2チャンピオンであるピエール・ガスリーが、来季スーパーフォーミュラで走る可能性が非常に高まっていることが分かった。ホンダの山本雅史モータースポーツ部長は、motorsport.comの取材に対し、ガスリーのスーパーフォーミュラ参戦について、レッドブルと話をしていることを認めた。

 今季のGP2チャンピオンに輝いたガスリーは、来季F1へのステップアップを目指していた。しかし、カルロス・サインツJr.とダニール・クビアトがトロロッソに残留することが決まったことで、彼のF1昇格の可能性は、事実上消滅したと言っても過言ではなかった。

 そのためガスリー側(つまりレッドブル)は、活躍の地を日本に求め、スーパーフォーミュラへの参戦についてホンダ及びトヨタと話をしているという。

「レッドブルのヘルムート・マルコに話をしたいと言われて、話をしました。同時にトヨタさんにも声をかけているという噂は聞いてますので、最後は彼ら(レッドブル)が選択するということになると思います」

 そうホンダの山本モータースポーツ部長は説明する。

「まだ最終的な合意には至ってませんが、お互いに条件を提示しています」

 海外発信の情報として、NAKAJIMA RACING入りが決定したと報じられているが、山本部長曰くそれは選択肢のひとつだという。

「NAKAJIMA RACINGも、いくつかの選択肢のひとつです。でも、そういう情報が海外で出てくるなら、彼らはホンダのクルマに乗ろうとしてくれているのかもしれません」

 ガスリーが来年日本に来て、スーパーフォーミュラに乗るのは既定路線。つまり、GP2のチャンピオンが2年連続で来日し、スーパーフォーミュラに挑むというのは、ほぼ確実とみられている。

「いずれにしても、来年のスーパーフォーミュラで、レッドブルのカラーリングをまとったマシンが走るのは間違いないと思います。GP2チャンピオンになったドライバーは、翌年はもうGP2に乗れないから。F1では(すぐに)レギュラーになることはないと、マルコが言ってますから。彼らの目は今、スーパーフォーミュラに向けられています」

 そして山本部長はこう付け加えた。

「今週金曜日に、レッドブルのガスリーのマネジメントが、日本に来るので、会う予定です」

Additional Report by Valentin Khorounzhiy

【関連ニュース】

レッドブル、ガスリーのSF参戦諦めず。現在はトヨタと交渉か?

アレックス・リン、2017年のスーパーフォーミュラ参戦検討

GP2王者ガスリー、NAKAJIMA RACINGからスーパーフォーミュラ参戦か?

レッドブルのガスリー、来季スーパーフォーミュラへの参戦を検討中

ガスリー「GP2の結果を待たずしてクビアトの続投が決定された、残念だ」

スーパーフォーミュラで今季2勝、バンドーンF1へ旅立ち「SFは僕にとって、とても良い経験になった」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
ドライバー Pierre Gasly
記事タイプ 速報ニュース