【スーパーフォーミュラ】KCMGをドライブした小林可夢偉「今までとはちょっと違うバランスだった」

スーパーフォーミュラ合同テスト、小林可夢偉はKCMGのマシンを駆った。

 11月24日に鈴鹿サーキットで行われた、スーパーフォーミュラの合同テスト・ルーキードライバーテスト。小林可夢偉は今シーズンを戦ったSUNOCO Team LeMansのマシンではなく、KCMGのマシンに乗った。これは、TRDやトヨタの手配だったようだ。

「悪くなかったです。その分、本当に速いチームはどんなものなんだろうかと思うくらいです。乗り始めから、そんなに悪くなかったんで」

 走行を終えた可夢偉はそう語った。トラブルらしいトラブルといえば、朝一番にアクセルが戻らず、コースインできなかったということだけだった。

「そのままコースに出て行ってたら、刺さってましたよ。それ以外はトラブルはなかったです」

 この日の走行目的は、とにかく”違うマシンで走ってみよう”ということだったと言う。

「今日は、とりあえず乗ってみようというところから始まりました。だから、特にメニューはなかったんです」

「この気温ですからなんとも言えないですけど、これまで経験していないクルマのバランスだった。これまでとはちょっと違う方向のバランスだったので、こういうのもあるんだということが分かった」

「でもまぁ、僕は去年の冬も速かったですからね。冬番長なんですよ」

 そう語る可夢偉は、KCMGというチームの印象について、次のように説明した。

「KCMGって、小規模だと思うじゃないですか。でも、メカニックの人はこっちの方が多い気がします。もちろん、マシンが1台しかないという効率の悪さはありますけどね。でもチームの雰囲気も、楽しくやってる感じです」

 今回テストしたことで、来季KCMGでレースをすることになるのかと訊かれた可夢偉は、次のように冗談も交えて答えた。

「いやまだ全然。ホンダエンジンも試してみなきゃいけないし、色々と乗らせてもらって、どこが良いんだろうなと見極めたいと思っています」

 来季、可夢偉はどのマシンを乗ることになるのだろうか?

【関連ニュース】

スーパーフォーミュラ”ルーキー”4人がSFの印象を語る。山下「スッゲー速い!」

スーパーフォーミュラ鈴鹿合同テスト。ドライの午後は野尻がトップ。来季用プロトタイヤもテスト

スーパーフォーミュラ来季からSF参戦のB-Max「参戦台数は1台。ニスモとの活動は未定」

スーパーフォーミュラ鈴鹿合同テスト。午前トップは塚越。B-Maxは小暮が乗り3番手

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント名 合同テスト・ルーキードライバーテスト
サブイベント 合同テスト・ルーキードライバーテスト
サーキット 鈴鹿サーキット
ドライバー Kamui Kobayashi
記事タイプ 速報ニュース