スーパーフォーミュラSUGO予選:野尻「全ての運が僕に向くように、お願いしながら寝ます」

スーパーフォーミュラ第6戦SUGO予選で、野尻智紀は2番グリッドを獲得した。

 スーパーフォーミュラ第6戦SUGOの予選で、野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)は3位となった。SUGOは野尻に乗って、スーパーフォーミュラでの初優勝を達成した地でもある。

「他がどういうタイヤを使っているのか分からない状況だったので、自分たちがどの位置にいるのかということが、正直わからなかった。現状のセットアップのまま進めばいいのか、大きく変えなければいけないのか、その判断が少し難しかったです」

「でも、コンマ1秒、5/100秒でも削っていこうという考えのもと、少しずつアジャストして行って、なんとかこの位置まで来ることができたという印象です」

 ポールポジションの関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)同様、野尻もスタートを重視している。

「このコースはスタートがすごく大事ですし、最近このシリーズはすごく接戦なんで、運みたいなものも必要になってきます。今まで以上に全てが揃わないと勝てないシリーズだと思うんで、全てが僕の方に向くようにお願いしながら、今日は寝ます」

「(スタートは)もう漁夫の利しかないので、完全に運まかせです。そろそろ(運も)貯まっていると思うんで、頑張りますよ」

 このコメントを発表した際、野尻のスタート位置はまだ3位だった。しかし、予選2位の中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)がピットアウト時の安全確認違反で、1グリッド降格のペナルティを科せられたため、フロントロウの2番グリッドからスタートする。

 このグリッド”昇格”が決まった後、野尻はチームのリリースで次のようにコメントを寄せた。

「まずスタートに集中して、自分の 仕事をやり遂げ優勝したいですね」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント名 第6戦スポーツランドSUGO
サブイベント 土曜日 予選
サーキット スポーツランドSUGO
ドライバー Tomoki Nojiri
記事タイプ 速報ニュース