スーパーフォーミュラSUGO:星野監督、関口に最大の賛辞「日本に置いておきたくない!」

ITOCHU ENEX TEAM IMPULの星野一義監督は、逆境をはね返し優勝した関口雄飛を褒めちぎった。

 ITOCHU ENEX TEAM IMPULの星野一義監督はレース後、関口雄飛の華麗かつ豪快なパフォーマンスに、最大限の賛辞を送った。

「ひとりだけエンジンの排気量を200cc大きくしたみたいだ。内緒でね」

「あれだけ最後まで集中力、体力(が続いて)もうすごいよ。日本に置いておきたく無いね。(ストフェル)バンドーンの代わりに、マクラーレンに送りたいくらいだよ」

 そう関口の可能性を評価した。

「ウチは(今年で)もう卒業! それくらいのパフォーマンスがある。素晴らしい!」

 星野監督はレース前、関口に対して「暴れろ!」と指示していたと語る。

「レース中は見てられなかった。でも、とにかく『細かいことを考えずに、暴れろ』と、それだけ言っておいた。今からポイントとか、そういう小さいことは考えない。元気に行けばいいんだよ」

「レース前のミーティングからそう言ってる。小さくまとまることは、考えちゃダメだ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント名 第6戦スポーツランドSUGO
サブイベント 日曜日 決勝レース
サーキット スポーツランドSUGO
ドライバー Kazuyoshi Hoshino , Yuhi Sekiguchi
記事タイプ 速報ニュース