バンドーン「ノブ(松下信治)は勝つべくして勝った。おめでとう!」

GP2モナコのレース2で松下信治が勝利を収めた。昨年の松下のチームメイト、ストフェル・バンドーンが松下とチームを祝福した。

 スーパーフォーミュラ参戦のために岡山国際サーキットを訪れているドコモ・ダンデライオンのストフェル・バンドーン。彼は昨日、モナコGPの前座レースとして行われたGP2レースで、ARTグランプリの松下信治が優勝したことを知った。ARTは昨年バンドーンが所属したチームで、松下は当時のチームメイト。その元チームメイトの勝利を聞いてどういう感想を抱いただろうか?

「今朝起きて、ノブ(松下信治)がモナコのGP2第2レースで勝ったことを聞きました。寝ていたから起きるまで知らなかった」

「去年のモナコGP2では、僕は第1レース(フィーチャーレース)を4番手グリッドからスタートして勝ちました。モナコで勝つと言うことは、本当に最高の気持ちです」

 松下信治は第1レースを9番手でゴール、本来なら第2レースは9番手からのスタートだが、幸運にもアントニオ・ジオビナッチ(プレマ)のペナルティで8位に上がり、リバースグリッドのおかげでポールポジションからのスタートになった。

「ノブは去年僕と一緒にARTで走っていた時から、素晴らしい力を持ったドライバーだった。彼がモナコで勝ったことを聞いて、大変嬉しく思っている。彼は勝つ力を備えたドライバーなので、勝つべくして勝ったということだろう。それに、ARTチームは最高のチーム。チームの力があって初めて可能になった勝利だと思う。みんなにお目出度うを言いたい」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ , GP2
イベント名 第2戦岡山
サーキット 岡山国際サーキット
ドライバー Nobuharu Matsushita , Stoffel Vandoorne
記事タイプ 速報ニュース