バンドーン「Q2に向けアジャストし、それなりの結果を残せた」:スーパーフォーミュラ最終戦予選

バンドーン日本での最終戦。村岡チーム監督「最高の結果を出せるように淡々とやるだけ」

 SUGOの不調から一転、速さを見せたP.MU / CERUMO · INGING。今回、それを追う立場に立ったのは、ストフェル・バンドーンと、野尻智紀を擁するDOCOMO TEAM DANDELION RACINGである。

 野尻は、Q1で3位、Q3では4位に入った。

「走り始めから調子が良く、逆にバランスが取れすぎていたような状況だった。セッティングについてはなかなか変更できない感じで、必ずしも正解だったかは分かりません。予選に向けては再度見直して、結果的には良いセットアップで走れたと思っています」

 そう野尻は語る。

「予選では力は出し切れました。ただ、ほんの少しの修正ですごく大きく変わってしまうという傾向もありました。チームスタッフとコミュニケーションをとりつつ、細かい調整を行いました。その結果、良いクルマに仕上げることができたんです」

「まだ、トップには追いついていない状況ですが、決勝のレース1、レース2ともに前でゴールすること、そして面白いレースにすることを目標に戦いたいと思っています」

 一方、これが日本での最後のレースとなるバンドーンは、Q1こそ7位と沈んだものの、Q3では2位と上位につけた。その2位も、僅か0.005秒差だったのである。

「良い予選ができたと思っています。複雑な気持ちもありますが、レース1については予選7位からのスタートということで、勝つのは難しいかもしれません」

「Q1の調子が良くなかったので、Q2に向けて少しアジャストしました。それでマシンが良くなり、それなりの結果を残せたと思います」

 バンドーンは、予選前の時点では自力でタイトルを獲得する可能性が残っていたが、ポールポジションを獲れずにポイントを積み増すことができなかったため、その権利は潰えた。

「レース2では石浦選手の後ろからスタートすることになりますが、長いレースですし、良いレースができると思います。ぜひ、良い結果を残したい」

 予選結果についてチームの村岡潔監督は、motorsport.comの取材に対し「バンドーンのQ1で7位は痛かった」と語った。

「野尻の順位は許容範囲だけど、バンドーンのQ1での7位が痛かった。せめて4番手までには入っておきたかった。Q3でポールを獲れなかったことよりも、そちらの方が辛かった」

 明日のレースが、バンドーンのスーパーフォーミュラでの最後のレースとなる。それについて村岡監督は、「それはあんまり関係ない」と言う。

「レースですから、最後まで勝ちに行くだけです。最後だから頑張って結果が出るものではないですから、今の予選の順位で最高の結果を得られるように、淡々とやるだけです」

【関連ニュース】

スーパーフォーミュラ最終戦予選:石浦圧巻。レース1、レース2共にPP。2ポイントを加算して決勝へ

スーパーフォーミュラ最終戦:自力タイトルの可能性を残す6人が会見。関口「少なくとも1回は勝つ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント名 最終戦JAF鈴鹿グランプリ
サブイベント 土曜日 予選
サーキット 鈴鹿サーキット
ドライバー Stoffel Vandoorne , Tomoki Nojiri
記事タイプ 速報ニュース