中嶋一貴「前のドライバーが1周目にピットに入るとは思わなかった」:SF第5戦レース2ドライバーコメント

スーパーフォーミュラ第5戦岡山レース2で2位になった、中嶋一貴のコメント

中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)
「今日は非常に良いレースができたのですが、つくづく昨日がもったいないなあと思います。自分のやっちゃったことなので仕方ないです」

「今日は予選が良くなかった時点で1周目に(ピットに)入ることは決めていたのですが、まさかあの位置から前(のドライバー)がもうひとり(国本)入るかなあと感じた展開でした。ペースも速かったですし、今日はしょうがないです。負けました」

「石浦選手が最後非常に速かったので、それをなんとか抑えられて良かったと思いますし、後ろからは突っつかれつつ、雄資は雄資でもう少し速くいけと思いつつ、最後は挟まれて嫌な感じだったんですけど、なんとか最低限2位が取れて良かったです。マシンのパフォーマンスもあった週末だったので、後半戦に向けて弾みがつくと思います。ポイント差はありますが、なんとか次のSUGOで詰めて、鈴鹿で自力で(チャンピオンを)狙えるように頑張ります」

「オーバーテイクボタンに関しては、昨日1回余計に使ってしまったので、残しておくべきだったかなと思いつつ、序盤に必要ないところでは使わないようにしていた。使うシチュエーションでもあまりなかった。スタート直後は使う状況だったかもしれないけど、そこはすぐ(ピットに)入るつもりだったので、使わずに取っておきました。取っておいてよかったです」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント名 第5戦岡山国際サーキット
サブイベント 日曜日 レース2決勝
サーキット 岡山国際サーキット
ドライバー Kazuki Nakajima
記事タイプ 速報ニュース