中嶋大祐、フリー走行のクラッシュでマシンにダメージ。決勝出走断念

日曜フリー走行でクラッシュした中嶋大祐は、マシンのダメージが深刻なため、スーパーフォーミュラ第3戦に出走しないことが分かった。

 今朝行われたフリー走行でクラッシュを喫した中嶋大祐(NAKAJIMA RACING)は、この後行われる決勝レースに出走できないことがわかった。

 事故は300Rで起きた。すでに雨が上がり、路面も十分ドライコンディションで走れる状態だったが、まだ濡れた部分があった。チーム関係者曰く、「アクセルを抜けば問題なかった。その上、縁石に触れてしまった」ため、マシンのバランスを崩し、アウト側のガードレールにクラッシュしてしまった。

 中嶋大祐は自力でマシンから降りたものの、念のためメディカルセンターに搬送され、チェックが行われた。幸い大事には至っていないとのことだ。

 一方マシンの方はダメージが激しく、エンジンが折れたようになってしまったという。また、モノコックにも損傷が及んでおり、修復は不可能。決勝レースへは出走を見送ることになった。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント名 第3戦富士スピードウェイ
サーキット 富士スピードウェイ
ドライバー Daisuke Nakajima
記事タイプ 速報ニュース