SF第3戦金曜占有走行結果:石浦がトップタイムを記録

スーパーフォーミュラ第3戦富士の金曜占有走行が行われ、P.MU / CERUMO · INGINGの石浦宏明がトップタイムを記録した。

 スーパーフォーミュラ第3戦富士の金曜占有走行が行われ、P.MU / CERUMO · INGINGの石浦宏明がトップタイムを記録した。

 セッション開始直前に降り始めた雨により、富士スピードウェイの路面はウエットとなった。この雨はセッション半ばまで降り続くことになる。

 しかし、雨が止むと各車のペースが上がり、終盤にかけてタイムアタック合戦の様相を呈していく。

 最終的にトップタイムを記録したのが石浦で、チェッカーフラッグと同時に1分36秒834を叩き出した。石浦は「ドライのテストをしようと思っていた」と言うが、雨の状況を見てプログラムを切り替えたという。ただ、トップタイムを記録したとはいえ、「まだ完璧じゃない」と、兜の緒を引き締めた。

 2番手につけたのはNAKAJIMA RACINGの中嶋大祐で、石浦からはわずか0.037秒の遅れだった。中嶋は終始上位のタイムを記録しており、土曜日以降の活躍に期待がかかる。また3番手のジェームス・ロシター(KONDO RACING)、4番手のジョアオ-パオロ・デ・オリベイラ(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)までが0.1秒前後の差と接近した結果となった。

 土曜日からはいよいよ本格的な走行セッションがスタート。まずは9時15分から1時間にわたって、フリー走行が行われる。

1. 石浦宏明(P.MU / CERUMO · INGING)1'36''834
2. 中嶋大祐(NAKAJIMA RACING)1'36''871
3. ジェームス・ロシター(KONDO RACING)1'36''942
4. ジョアオ-パオロ・デ・オリベイラ(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)1'36''979
5. 小暮卓史(DRAGO CORSE)1'37''411
6. 山本尚貴(TEAM 無限)1'37''571
7. 野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)1'37''947
8. ストフェル・バンドーン(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)1'38''045
9. 国本雄資(P.MU / CERUMO · INGING)1'38''053
10. アンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)1'38''407
11. 中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)1'38''543
12. ベルトラン・バゲット(NAKAJIMA RACING)1'38''835
13. ナレイン・カーティケヤン(SUNOCO Team LeMans)1'38''882
14. 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)1'38''970
15. 伊沢拓也(REAL RACING)1'39''077
16. ウイリアム・ブラー(KONDO RACING)1'39''094
17. 塚越広大(REAL RACING)1'39''287
18. 小林可夢偉(SUNOCO Team LeMans)1'39''506
19. 中山雄一(KCMG)1'40''026

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント名 第3戦富士スピードウェイ
サブイベント 金曜占有走行
サーキット 富士スピードウェイ
ドライバー Hiroaki Ishiura
記事タイプ フリー走行レポート