【SF】GP2王者ガスリー、NAKAJIMA RACINGからスーパーフォーミュラ参戦か?

GP2チャンピオンのガスリーは、スーパーフォーミュラ参戦に向けていくつかのチームと話し合っているようだ。

 今年のGP2シリーズでタイトルを獲得したプレマ・モータースポーツのピエール・ガスリーが、2017年はNAKAJIMA RACINGからスーパーフォーミュラへ出走する可能性が高くなった。ガスリーはチームメイトのアントニオ・ジョビナッツィと最後までタイトル争いを繰り広げ、最終2連戦アブダビの第1レースを制し、タイトルを獲得した。

 そのガスリー、以前から日本のスーパーフォーミュラへ関心を示していたが、先日鈴鹿サーキットで行われたルーキードライバーテストには登場せず、日本のレースへの参戦は噂に終わるのかと思われた。そこでアブダビでタイトルが決まった際、ガスリーを直撃すると、以下の様な言葉が返ってきた。

「スーパーフォーミュラは大いに興味があります。今、幾つかのチームと話をさせていただいています」 

 ガスリーのスーパーフォーミュラ参戦説はまだ生きていたということだ。そして、噂がたっているNAKAJIMA RACINGとの関係に関しても、「最も可能性の高いチームとして話をさせていただいています」とのこと。可能性を尋ねたら、「スーパーフォーミュラはベテランドライバーが大勢走っており、エンジニアの能力はとても高く、レースの内容は非常に濃いとストフェル(バンドーン)が言っていました。F1へ登る道のひとつとしては最高のカテゴリーだから、チャンスがあれば是非参加すべきだと」と、話をはぐらかせた。しかし、感触としてはガスリーがNAKAJIMA RACINGで走る可能性は非常に高いと見られる。

 もしガスリーがNAKAJIMA RACINGで走る事になれば、彼のパーソナルスポンサーであるレッドブルがサポートすることは確実。ガスリー自身も「レッドブルのヘルムート・マルコと詳細を検討している」と言う。

 スーパーフォーミュラに関しては、アブダビGP2の最終戦第2レースを制したアレックス・リンも参戦を希望しており、スーパーフォーミュラがGP2ドライバーのF1への実戦道場の役割を果たしつつあるように思われる。

【関連ニュース】

アレックス・リン、2017年のスーパーフォーミュラ参戦検討

【F1】ストロール「結果でペイドライバーでないことを証明する。自分の実力を信じている」

【SF, F1】レッドブルのガスリー、来季スーパーフォーミュラへの参戦を検討中

ガスリー「GP2の結果を待たずしてクビアトの続投が決定された、残念だ」

スーパーフォーミュラで今季2勝、バンドーンF1へ旅立ち「SFは僕にとって、とても良い経験になった」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
記事タイプ 速報ニュース