【スーパーフォーミュラ】”ルーキー”4人がSFの印象を語る。山下「スッゲー速い!」

鈴鹿サーキットで行われたスーパーフォーミュラのルーキードライバーテストに参加した”ルーキー”4人が、その印象を語った。

 鈴鹿サーキットで行われた、スーパーフォーミュラのルーキードライバーテスト。今回は5人の”ルーキー”ドライバーが走行を行った。

 そのうち牧野任祐を除く4人、ニック・キャシディ、山下健太、佐々木大樹、大嶋和也の4人が会見に臨んだ。大嶋和也はかつてフォーミュラ・ニッポンで4年走り、昨年には中嶋一貴の代走として1戦出場しているが、久々の走行とあって”ルーキー”として会見場に登場したわけだ。

 この日の印象について訊かれた4人は、それぞれ4者4様の表現で1日を振り返って見せた。

 キャシディは来年の参戦を見据え、多くの距離を走ることができ満足だと語った。

「午前中はウエットコンディションを体験することができ、午後はドライタイヤで長い距離を走ることができた。とても楽しかった」

「僕はスーパーフォーミュラのレースが好きだ。クルマもね。今はスーパーGTに出ているけど、できれば両方出たいと思っている。僕が決められることじゃないけど、来年はぜひスーパーフォーミュラに乗りたい」

 一方、キャシディと同じKONDO RACINGのマシンで走った山下は、これがスーパーフォーミュラ初体験。その印象について、彼ならではの表現で語った。

「スッゲー速いと思いました。自分のコントロール下に置けていないです。慣れることが必要ですね」

「ピットから出て、アクセル全開にした途端、すごい前後Gを感じた。ウエットなのにすごいグリップで……。晴れたら今度は速すぎて、何もできませんでした」

「でも、出たいと思うカテゴリーだと思います」

 佐々木はすでにスーパーフォーミュラを経験し、今回のテストに臨んだ。

「初めはシートポジションがズレていて、ステアリングが近すぎました。ダウンフォースがすごいクルマですね。今日はそれほどプッシュしていないので、楽しいテストだったと思います」

「ストレートスピードは、GT500マシンの方が速いかもしれません。でも、S字やデグナーは明らかに速いと思います」

「自分のスキルアップに繋がると思うので、ぜひ出てみたいと思いますね」

 約1年半ぶりのスーパーフォーミュラ走行となった大嶋も、「やっぱり速い」と言う。

「久しぶりにスーパーフォーミュラに乗ると、やっぱり速いですね。ポテンシャルを引き出し切ることができず悔しいですが、どこを詰めればいいか分かっています」

「僕はもう30歳になるんで、戻るならこのタイミングしかないと思っています」

【関連ニュース】

スーパーフォーミュラ鈴鹿合同テスト。ドライの午後は野尻がトップ。来季用タイヤもテスト

来季からスーパーフォーミュラ参戦のB-Max「参戦台数は1台。ニスモとの活動は未定」

スーパーフォーミュラ鈴鹿合同テスト。午前トップは塚越。B-Maxは小暮が乗り3番手

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント名 合同テスト・ルーキードライバーテスト
サブイベント 合同テスト・ルーキードライバーテスト
サーキット 鈴鹿サーキット
ドライバー Daiki Sasaki , Kazuya Oshima , Kenta Yamashita , Nick Cassidy
記事タイプ 速報ニュース