【スーパーフォーミュラ】来季からSF参戦のB-Max「参戦台数は1台。ニスモとの活動は未定」

来季からスーパーフォーミュラに参戦するB-Maxの組田チーム代表が、合同テストの現場で会見に応じた。

 来季からスーパーフォーミュラへの参戦を開始するB-Max Racing Team。鈴鹿サーキットで行われている合同テスト・ルーキードライバーテストで初走行を迎えた。その最初のセッション、走行を担当したのは小暮卓史で、全体の3番手となるタイムを記録した。

 

小暮卓史(B-Mmax Racing Team)
小暮卓史(B-Mmax Racing Team)

Photo by: Motorsport.com

 

 このテストの昼休憩の時間、B-Maxの組田龍司チーム代表が会見に応じた。

「下のカテゴリーからレースを始めて、いつかは国内のトップカテゴリーであるスーパーフォーミュラに参戦したいと思っていました。そして、今年の最初から、F3で良い結果を出せれば、来年はスーパーフォーミュラをやりたいねと話していました。概ね目標は達成できたのではないかと思い、スーパーフォーミュラへの挑戦を決めました」

 そう組田代表は語る。

 今回のテストは、午前が前述の小暮、午後は佐々木大樹がドライブすることになっている。

「今回はホンダさんより推薦していただきました。またご紹介してくださった小暮選手にマシンを乗っていただくことができました。我々にとって一番上のカテゴリーは初めてのことですから、クルマのことをよく分かっているドライバーさんに色々と教えていただくという意味合いがあった」

「午後からの走行は色々と相談した結果、佐々木選手にお願いすることになった。もっと時間があったのなら、ヤン(マーデンボロー)選手にも乗って欲しかったのですが」

 来季の体制にはついては、まだ未定の部分が多いと言う。

「来季のドライバーは、現時点では決まっていません」

「現時点では来年は1台の参戦になる予定です」

 またB-Maxといえば、NDDPやニスモとの繋がりが非常に強いイメージがある。しかし、その関係についても、まだ未定だと組田代表は語る。

「ニスモさんとの活動については、今のところ未定です。F3についてはこれまで通りやりますが、GT300についても現時点では決まっていません。希望はGTとフォーミュラをやることですが、なんせパートナーさんがあってのことですので、現時点では未定としか言えないです」

【関連ニュース】

スーパーフォーミュラ鈴鹿合同テスト。午前トップは塚越。B-Maxは小暮が乗り3番手

ホンダ、B-MAXにエンジンを供給

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント名 合同テスト・ルーキードライバーテスト
サーキット 鈴鹿サーキット
記事タイプ 速報ニュース