スーパーフォーミュラ第4戦フリー走行:雨&強風の中、ロシターがトップ

スーパーフォーミュラ第4戦のフリー走行が行われ、KONDO RACINGのジェームス・ロシターがトップタイムを記録した。

 9時半から行われたスーパーフォーミュラ第4戦もてぎのフリー走行。セッション直前まで降り続いた雨の影響で、コースは完全にウエットコンディション。各車ともレインタイヤを履き、コースインしていった。

 なお今回のレースには、ソフトタイヤが始めて投入。前戦富士ラウンドの決勝翌日に行われた合同テストで試され、富士スピードウェイで1周あたり約1秒、従来のタイヤよりも速いという。

 また、前戦から使用された新しいブレーキパッドだが、このもてぎはブレーキに非常に厳しいコースであるということを鑑み、より耐久性の高いモノが使われている。

 セッション開始から8分を経過した頃、18号車KCMGの中山雄一がターン1でオーバーラン。グラベルにはまってストップしてしまう。ただ、マシンにはそれほどダメージはなさそうだ。

 中山のコースアウト直後から、雨が再び落ち始め、コースを濡らしていく。

 その後も、雨が強まったり、弱まったりの繰り返し。そんな中、KONDO RACINGの3号車ジェームス・ロシターが1分46秒107でトップタイムを記録。セッションが進んでいく。

 セッション終盤、雨とともに風も強まり、特にメインストレートでは非常に強い追い風となっている。その影響か、ITOCHU ENEX TEAM IMPULのジョアオ・パオロ・デ・オリベイラが1コーナーでオーバーランするシーンもあった。

 結局、ロシターがトップのままセッションは終了。2番手に2号車P.MU / CERUMO · INGINGの国本雄資、3番手に8号車SUNOCO Team LeMansの小林可夢偉が入った。

■スーパーフォーミュラ第4戦もてぎ:フリー走行結果
1. 3ジェームス・ロシター(KONDO RACING)1'46''107
2. 2国本雄資(P.MU / CERUMO · INGING)1'46''217
3. 8小林可夢偉(SUNOCO Team LeMans)1'46''318
4. 1石浦宏明(P.MU / CERUMO · INGING)1'46''325
5. 7ナレイン・カーティケヤン(SUNOCO Team LeMans)1'46''489
6. 36アンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)1'46''585
7. 37中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)1'46''625
8. 41ストフェル・バンドーン(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)1'46''832
9. 34小暮卓史(DRAGO CORSE)1'46''937
10. 65ベルトラン・バゲット(NAKAJIMA RACING)1'47''155
11. 10塚越広大(REAL RACING)1'47''457
12. 16山本尚貴(TEAM 無限)1'47''485
13. 64中嶋大祐(NAKAJIMA RACING)1'47''496
14. 4ウイリアム・ブラー(KONDO RACING)1'47''650
15. 40野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)1'47''990
16. 11伊沢拓也(REAL RACING)1'48''377
17. 19ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)1'49''514
18. 18中山雄一(KCMG)1'50''259
19. 20関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)1'50''595

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント名 ツインリンクもてぎ
サブイベント 土曜日 フリー走行
サーキット ツインリンクもてぎ
記事タイプ フリー走行レポート