バンドーン「タフなもてぎ。明日はチャンスがある」

DOCOMO TEAM DANDELION RACING予選レポート

Rd.4ツインリンクもてぎ
天候:曇り時々晴れ/気温:35°C/出走台数:19台

 夏休みも残りあとわずか、残暑厳しい中迎えた第4戦ツインリンク茂木は、東日本に近づく3つの台風の影響で不安定な天候。午前中は曇空に雨が強弱降ったり止んだりが続いたかと思えば、午後には強い太陽が照り付け、予選はドライコンディションに。

 この第4戦のみ、新スペックのソフトタイヤが投入され、ノックアウト予選のどのタイミングでソフトタイヤを使うのか、決勝まで見据えた予選戦略が注目された。ノックアウト第1予選。野尻選手、バンドーン選手、ともにソフトタイヤとミディアムタイヤの違いを確認するため、まずミディアムタイヤでアタックを開始。野尻選手7番手、バンドーン選手2番手で好感触を得た。ソフトタイヤでコースインしたのは予選残り6分。野尻選手10番手、バンドーン選手4番手で第2予選へ。

 続く第2予選、このころから路面状況が好転し始めた影響か、好調だったバンドーン選手のセットアップはバランスを欠いてしまう。結果トップ8に僅か1/100秒届かず9番手で予選を終えることになった。一方の野尻選手は大きくタイムを伸ばして3番手で第3予選へコマを進めた。

 トップ8を決める第3予選。ミディアムタイヤを装着した野尻選手は、冷静に前者との間合いをマネジメントし、ホンダ勢トップの3位で予選を終えた。

40:野尻選手/予選3位(第1予選10位、第2予選3位、第3予選3位/HONDA勢1位)
「新スペックのタイヤやブレーキなど不確定要素が多い中でも、車両セットアップは徐々に良くなっている手ごたえを感じています。決勝に向けては新たな課題も出てくると思いますので、明日朝のフリー走行でしっかりと合わせこみをして、3位スタートを生かしてトップでゴールしたいです」

41:バンドーン選手/予選9位(第1予選4位、第2予選9位/HONDA勢4位)
「茂木の予選結果9位は複雑な心境ですね。第3予選に進めなかったことは残念ですが、車は進化していて、第1予選では競争力があったし、でも第2予選の路面コンディションの変化に十分な対応をすることが出来なかった。フィジカル的にも車体にもタフなツインリンクもてぎだから、チャンスは十分あるし、明日は何が起こるか楽しみだよ」
【DOCOMO TEAM DANDELION RACING TEAM RELEASE】

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント名 ツインリンクもてぎ
サブイベント 土曜日 予選
サーキット ツインリンクもてぎ
ドライバー Stoffel Vandoorne , Tomoki Nojiri
記事タイプ 予選レポート