バンドーン「安全確認違反」で3グリッド降格ペナルティ

スーパーフォーミュラ第5戦岡山レース2の予選3位になったバンドーンは、3グリッド降格ペナルティを受けることになった。

 スーパーフォーミュラ第5戦レース2予選で3位になったストフェル・バンドーン(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が、3グリッド降格ペナルティが科されることが決まった。

 バンドーンはスーパーフォーミュラ選手権統一規則第21条12.(安全確認)に違反したということだ。

 レギュレーションには、以下のように記載されている。

スーパーフォーミュラ選手権統一規則「第21条ピットエリア」
12. ピットを離れる際に、安全が確認できた時にのみ車両をピットアウトさせることは、 競技参加者の責任で行うこと。

 バンドーンは予選Q2の赤旗中断が解除される際、ブレーキの冷却ダクトをマシンに装着したままピットレーンに進出。このシーンは公式映像にも映し出されていた。この行為が安全確認を怠ったと判断されたものと見られる。

 これによりバンドーンは、レース2を6番グリッドからスタートすることになる。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント名 第5戦岡山国際サーキット
サブイベント 日曜日 レース2予選
サーキット 岡山国際サーキット
ドライバー Stoffel Vandoorne
記事タイプ 速報ニュース