関口雄飛に30秒加算ペナルティ。レース1での獲得ポイントは”ゼロ”に

関口雄飛はレース1でのバンドーンとの事故の責任を問われ、レースタイムに30秒が加算されるペナルティが科せられた。

 スーパーフォーミュラ最終戦レース1を8位でフィニッシュした関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)には、レースタイムに30秒加算のペナルティが課せられた。

 関口はレース1の14周目シケインで、前を行くストフェル・バンドーン(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)に追突。バンドーンはこれでスピンを喫し、最後尾付近まで落ちてしまった。

 関口はこの事故の責任を問われ、30秒加算のタイムペナルティ。最終的な順位は18位となった。結果、このレースでの獲得ポイントは0となり、通算のポイント数も28のまま。レース1を優勝したことでチャンピオンシップポイントを31.5まで伸ばした国本雄資(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)との差は、3.5になってしまうことになった。

スーパーフォーミュラ最終戦 レース1 暫定結果
1. 国本雄資(#2 P.MU/CERUMO INGING)
2. アンドレ・ロッテラー(#36 VANTELIN TEAM TOM'S )
3. 石浦宏明(#1 P.MU/CERUMO INGING)
4. 野尻智紀(#40 DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
5. 中嶋一貴(#37 VANTELIN TEAM TOM'S )
6. ベルトラン・バゲット(#65 NAKAJIMA RACIMG)
7. 小暮卓史(#34 DRAGO CORSE)
8. ジョアロ・パオロ・デ・オリベイラ(#19 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)
9. 小林可夢偉(#8 SUNOCO TEAM LEMANS)
10. 中嶋大祐(#64 NAKAJIMA RACIMG)
11. 塚越広大(#10 REAL RACING)
12. ジェームス・ロシター(#3 KONDO RACING)
13. ウイリアム・ブラー(#4 KONDO RACING)
14. 中山雄一(#18 KCMG)
15. ナレイン・カーティケヤン(#7 SUNOCO TEAM LEMANS)
16. 伊沢拓也(#11 REAL RACING)
17. ストフェル・バンドーン(#41 DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
18. 関口雄飛(#20 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)
19. 山本尚貴(#16 TEAM無限)

【関連ニュース】

スーパーフォーミュラ最終戦レース1:ロケットスタートの国本が優勝。ランキング首位に浮上

関口雄飛「厳しい結果ですが、チャンピオンを獲りたいんです」:スーパーフォーミュラ最終戦予選

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント名 最終戦JAF鈴鹿グランプリ
サブイベント 日曜日 レース1
サーキット 鈴鹿サーキット
ドライバー Yuhi Sekiguchi
記事タイプ 速報ニュース