スバル2017年MS参戦体制発表。GT300ではタイトル獲得だけが目標

スバルとSTIが、東京オートサロンで2017年のモータースポーツ活動を発表。GT300クラスではタイトル獲得だけを目指すと意気込む。

 スバルとSTIは東京オートサロンで、2017年のモータースポーツ活動を発表した。

 2017年のスバルは、ニュルブルクリンク24時間レース、スーパーGT GT300クラス、そしてグローバルラリークロス選手権の3つのカテゴリーに開発リソースを集中。それぞれ好成績を目指していくという。

 スーパーGTにはこれまで同様BRZ GT300を使用して参戦。エンジンの熱効率向上及びパワーアップを果たすと共に、空力性能と慣性モーメントを改善するという。さらに、新たな駆動システムも導入することを示唆した。なお、これまで通り辰己英治総監督がチームを率い、井口卓人と山内英輝のドライバーラインアップも継続される。

 彼らは今季の目標について「チャンピオンを獲得すること」と断言。山内は「チャンピオンを獲らないと歴史に名を刻むことができない。必ずチャンピオンを獲れるようにしたいと思う」と語れば、井口は「山内選手と共にチャンピオン”だけ”を目指すこと」、「昨年はレースができなかったオートポリスで勝ち、僕の地元である九州のファンの前でBRZがトップでゴールする姿を見せること」、「86/BRZレースでもチャンピオンを獲ること」という3つの目標を挙げるなど、ふたり揃って2017年に懸ける決意を示した。

 また辰己総監督も、「ふたりが言ったことを実現できるようにしたい。昨年はエンジンパワーが足りなかったが、そんな中でもドライバーたちは頑張ってくれた。直線で楽させてあげることができるクルマを与えることができれば、チャンピオンになれると思う」と語った。

 一方ニュルブルクリンク24時間レースには、WRX STIで、昨年に引き続きSP3Tクラス(2.0リッター以下のターボエンジン搭載車)に参戦。クラス3連覇、5度目の優勝を目指すという。チーム監督はSITの菅谷重雄が担当し、マルセル・ラッセー、ティム・シュリック、山内英輝の3人のドライバーがステアリングを握る。

 グローバルラリークロス選手権については、参戦中のSUBARUラリーチームUSAへの技術支援を本格化。参戦車両であるWRX STI GRC Supercarのエンジン出力改善や耐久信頼性向上、ローンチコントロールを改善し、さらにジオメトリーの最適化と剛性アップを果たすことで、コーナリングスピードの向上が目指されているという。ドライバーはクリス・アトキンソンとパトリック・サンデルのふたり体制となる。

【関連ニュース】

【スーパーGT】ホンダ2017年参戦体制発表「今年は何としても勝つ」

【スーパーGT】GAZOO、"LEXUS RC F GT3"の投入を発表

スーパーGT復帰発表の無限「いつかは戻ってきたかった」

【スーパーGT】ホンダ勢2チーム体制発表。チーム無限が復活

【スーパーGT】ヨコハマタイヤ装着の無限。SFがタイヤの進化を加速!?

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
ドライバー Hideki Yamauchi , Takuto Iguchi
チーム スバル・テクニカ・インターナショナル(STI)
記事タイプ 速報ニュース