【スーパーGT】もてぎ:レース2予選GT300クラス タイム結果

もてぎラウンドレース2予選は、#31 TOYOTA PRIUS apr GTがトップタイムを記録した。

 11月13日日曜日スーパーGTもてぎラウンドレース2予選は、#31 TOYOTA PRIUS apr GTがトップタイムで通過した。最終戦はノーウエイトハンディでの戦いであり接戦となった。

 セッション開始から各車がコースイン。開始5分過ぎ、まずは#4 グッドスマイル 初音ミク AMGが1分47秒729でトップタイムをマーク。それに#65 LEON CVSTOS AMG-GTが続いた。

 残り7分を切ったところで、#33 Excellence Porscheが2番手に浮上。その直後には、#4 グッドスマイル 初音ミク AMGが1分46秒961とさらにトップタイムを更新した。

 残り6分の時点で、ランキング首位の#25 VivaC 86 MCが1分47秒961で3番手タイムをマーク。#61 SUBARU BRZ R&D SPORTもアタックをし、#25 VivaC 86 MCを上回るタイムを出した。

 残り5分、昨日のポールシッター#11 GAINER TANAX AMG GT3が3番手に浮上。その後、#65 LEON CVSTOS AMG-GTが1分46秒830でトップタイムをマークした。

 残り4分を切って、ランキング2位の#3 B-MAX NDDP GT-Rが1分48秒001という9番手タイム。再度アタックに向かった。#31 TOYOTA PRIUS apr GTは4番手タイムを記録し、こちらも2度目のアタックへ向かった。

 セッション終了1分を切ったところで、その#31 TOYOTA PRIUS apr GTが1分46秒760をマーク。コースレコードを更新し、トップに浮上。そのままポールポジションを獲得した。

 結局#3 B-MAX NDDP GT-Rはタイムを更新できず、14番手でセッションを終えることとなった。#21 Hitotsuyama Audi R8 LMSもタイムが上がらず、最終的に8番手で予選を通過した。

 昨日のレース1でフロントを大破するクラッシュをした#55 ARTA BMW M6 GT3は、レース2予選を参加することができなかった。レース2決勝も欠場し、現在の獲得ポイントである48ポイントで今シーズンを終えることとなる。

 ランキング首位の#25 VivaC 86 MCは6番手、チャンピオン獲得の可能性を残す#61 SUBARU BRZ R&D SPORTと#0 GAINER TANAX GT-Rは、それぞれ6番手と19番手という結果に終わった。

 決勝は13時30分よりスタートする。

■スーパーGT もてぎラウンドレース2予選結果(GT300)

1.#31 TOYOTA PRIUS apr GT/1’46”760

2.#65 LEON CVSTOS AMG-GT/1’46”830

3.#88 マネパ ランボルギーニ GT3/1’46”857

4.#9 GULF NAC PORSCHE 911/1’46”942

5.#4 グッドスマイル 初音ミク AMG/1’46”961

6.#25 VivaC 86 MC/1’47”070

7.#61 SUBARU BRZ R&D SPORT/1’47”135

8.#21 Hitotsuyama Audi R8 LMS/1’47”175

9.#18 UPGARAGE BANDOH 86/1’47”381

10.#11 GAINER TANAX AMG GT3/1’47”392

11.#26 TAISAN SARD FJ AUDI R8/1’47”509

12.#30 TOYOTA PRIUS apr GT/1’47”512

13.#87 triple a ランボルギーニ GT3/1’47”720

14.#3 B-MAX NDDP GT-R/1’47”752

15.#7 Studie BMW M6/1’47”800

16.#33 Excellence Porsche/1’47”896

17.#48 DIJON Racing GT-R/1’47”916

18.#51 JMS LMcorsa 488 GT3/1’47”967

19.#0 GAINER TANAX GT-R/1’48”043

20.#5 マッハ車検 MC86/1’48”121

21.#50 ODYSSEY SLS/1’48”588

22.#22 アールキューズ SLS AMG GT3/1’48”826

23.#108 DIRECTION 108 HURACAN/1’48”904

24.#111 エヴァRT初号機 Rn-s AMG GT/1’48”928

25.#2 シンティアム・アップル・ロータス/1’49”063

26.#60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3/1’49”140

27.#63 DIRECTION 108 HURACAN/1’48”539

28.#360 RUNUP Group&DOES GT-R/1’48”646

29.#55 ARTA BMW M6 GT3/ノータイム

【関連ニュース】

【スーパーGT】もてぎラウンドレース2(最終戦):タイトル決定条件とは

【スーパーGT】もてぎレース1決勝(GT300):タイヤ無交換でつないだ21号車ライアン/藤井組が悲願の初優勝

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
イベント名 ツインリンクもてぎ
サブイベント 日曜日 予選
サーキット ツインリンクもてぎ
記事タイプ 速報ニュース