【スーパーGT】ホンダ2017年参戦体制発表「今年は何としても勝つ」

ホンダは東京オートサロンで2017年のスーパーGT参戦体制を発表し、0勝に終わった2016年シーズンの雪辱を誓った。

 1月13日、幕張メッセで開催中の東京オートサロンで、ホンダは2017年のスーパーGT GT500クラスの参戦体制を発表した。

 ステージにはまず、ホンダのモータースポーツ部の山本雅史部長が登壇。悔しい結果となった2016年シーズンの雪辱を誓った。

「昨シーズンはHonda陣営として未勝利という非常に悔しいシーズンになりました。2017年は新型NSXをベースとしたNSX-GTを投入し、新たな陣容で巻き返しを図ります。加えて、何としても勝つという思いとともに、研究所の開発体制も大きく見直しました。日本のモータースポーツファン、Hondaファンの皆さまの期待にお応えできるよう、“勝ち”にこだわり、新たなシーズンを戦いますので、引き続きご声援のほど、よろしくお願いいたします」と山本部長は語った。

 また今シーズンから、ホンダのスーパーフォーミュラ用エンジンの開発を率いる佐伯昌浩プロジェクトリーダーが、スーパーGTについても統括することになった。

 佐伯は、「同じエンジンを使用する2つのカテゴリーの開発を戦略的かつ効率的に進め、勝てるマシンを作り上げていきたいと思います。昨年はファンの皆さんにも悔しい結果となってしまいましたが、今年はチャンピオンを目指し、強いHondaをお見せできるように全力で挑みます」と意気込みを語った。

 ホンダは、チーム無限とNakajima Racingの2チームについてはすでに体制発表を行っており、今回は新しくARTA、KEIHIN REAL RACING、TEAM KUNIMITSUの3チームの体制を発表した。

 この中で昨シーズンからラインアップに変更があったのはARTAのみで、Nakajima Racingに移った松浦孝亮に変わって、2012年以来のGT500参戦となる小林崇志を起用している。 

AUTOBACS RACING TEAM AGURI(オートバックス・レーシング・チーム・アグリ)
マシン:ARTA NSX-GT
CAR No.:8
タイヤ:ブリヂストン
監督:鈴木亜久里
ドライバー:野尻 智紀/小林 崇志

KEIHIN REAL RACING(ケーヒン・リアル・レーシング)
マシン:KEIHIN NSX-GT
CAR No.:17
タイヤ:ブリヂストン
監督:金石勝智
ドライバー:塚越広大/小暮卓史

TEAM KUNIMITSU(チーム・クニミツ)
マシン:RAYBRIG NSX-GT
CAR No.:100
タイヤ :ブリヂストン
監督:高橋国光
ドライバー:山本尚貴/伊沢拓也

TEAM MUGEN(チーム・無限)
マシン:MUGEN NSX-GT
CAR No.:16
タイヤ:ヨコハマ
監督:手塚長孝
ドライバー:武藤英紀/中嶋大祐

Epson Nakajima Racing(エプソン・ナカジマ・レーシング)
マシン:Epson NSX-GT
CAR No.:64
タイヤ:ダンロップ
監督:中嶋悟
ドライバー:ベルトラン・バゲット/松浦孝亮

【関連ニュース】

スーパーGT復帰発表の無限「いつかは戻ってきたかった」

【スーパーGT】ホンダ勢2チーム体制発表。チーム無限が復活

横浜ゴム、来季よりチーム無限にADVANを供給

【スーパーGT】チーム無限復活。ホンダ体制発表:フォトギャラリー

【スーパーGT】ヨコハマタイヤ装着の無限。SFがタイヤの進化を加速!?

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
イベント名 ホンダスーパーGT参戦体制発表
記事タイプ 速報ニュース