【スーパーGT】平手「ガチンコ状態でのポールポジションが嬉しい」

もてぎラウンドレース2予選は、39号車のコバライネン/平手組がPPを獲得した。

 スーパーGTもてぎラウンドレース2予選は、#39 DENSO KOBELCO SARD RC Fがトップタイムで通過した。

 最終戦の予選と決勝はノーウエイトハンディであり、いわばマシン本来の実力同士がぶつかり合う戦いになる。

 想像通り予選は接戦になったが、昨日の予選に引き続き、#39 DENSO KOBELCO SARD RC Fがポールポジジョンから決勝をスタートすることになった。

 昨日予選を担当しポールポジションを獲得したヘイキ・コバライネンと、今日の予選を制した平手晃平が最終戦に向けて意気込みを語った。

ヘイキ・コバライネン

「予選では最後の最後までどうなるかがわからないというのがスーパーGTの特徴ですが、平手選手はタイヤのウォームアップがうまくできており、その中でベストタイムをマークしてくれました。僕も油断ができない状況でしたが、最後の最後にタイムを出すことができました。とにかく、この最終戦でポールポジションを獲ることが出来ました。決勝レースでの戦略はシンプルなもので、ポールポジションの位置をとにかく最後まで守りきるということです」

平手晃平

「昨日のヘイキのポールポジションに続いて、ウェイトハンデのないガチンコの状況でポールを獲ることが出来たのはすごくうれしいです。僕自身、GTでポールを獲ったのはこれが初めてのことです。最終戦でそれが叶ったということは来シーズンに向けて自信につながりましたし、うれしかったです。レースは良いポジションからスタートできるので、本当にうれしいですし、ハッピーです。昨日もポールからのスタートでしたが、今回は勝ってチャンピオンを獲りに行きます」

【関連ニュース】

【スーパーGT】もてぎラウンドレース2(最終戦):タイトル決定条件とは

 【スーパーGT】コバライネン「今日も明日も勝つために全力を尽くしたい」

【スーパーGT】もてぎレース2予選(GT500):39号車が圧巻の連続PP獲得

【スーパーGT】もてぎレース1決勝(GT500): 迫り来る39号車を抑えきった24号車が今季2回目の優勝

【スーパーGT】もてぎ:レース1予選GT500クラス レースレポート

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
イベント名 ツインリンクもてぎ
サーキット ツインリンクもてぎ
記事タイプ 速報ニュース