【スーパーGT】10年目のGSR、2016年体制を継続し2017年必勝を期す

GOODSMILE RACINGが2017年の参戦体制を発表。谷口&片岡のコンビで2014年以来のチャンピオン獲得を目指す

 12月23日、GOODSMILE RACINGの2017年スーパーGT参戦体制が発表された。

 2008年に参戦を開始したGOODSMILE RACINGは、2017年に参戦10年目を迎える。その記念すべき年の参戦体制は、2016年と変わらぬ布陣。チーム監督には片山右京を擁し、谷口信輝と片岡龍也というふたりのドライバー、そしてRSファインがメンテナンスを担当する。マシンも2016年に引き続きメルセデスAMG GT3を走らせる。

 エントラント代表を務めるグッドスマイルカンパニーの安藝貴範社長は「今年は悔しい結果に終わりました。10年目のシーズンを迎えるというのは、なかなか大変なものだなと思います」と語った。

「10年間よくやってきたなと思います。悔しい時期が多かったですが、このチームはファンの皆さんの応援が力になるチームです。必勝体制で来季に臨みたい」

 チーム監督を務める片山右京は、「今年(2016年)が一番勉強になった年だった」と言う。

「僕がチームに入った頃と比べると、GT300はよりプロフェッショナルなクラスになり、過酷なレースになっています。今年はランキング5位でしたが、運が悪かったりしたレースもありました。そんな中で、同じタイヤを履くにもかかわらず車重がずっと軽いマザーシャシー勢とも戦えた。そういう点では、チームの力に自信を持っています」

 谷口信輝は「トップ争いがなかなかできない1年だった」と2016年を振り返った。

「レギュレーションが、僕らのクルマにとっては苦しかったです。これまで、僕らは2011年と2014年にチャンピオンを獲っています。2011年はレギュレーションに助けられて楽に獲れたと思いますが、2014年は片岡(龍也)ともぎ取ったという感じ。来年もレギュレーション次第というところもありますが、笑って過ごせるようにしたいと思います」

 谷口のチームメイトを務める片岡龍也は「ひと言でいえば面白くないシーズンだった」と今季を評価した。

「うまくいかないこともあった。でも来季はスピードにこだわって、予選から前に行けるようにしたい。気を緩めることなく引き締めて戦い、チャンピオンを獲りたい」

 マシンのメンテナンスを務めるRSファインの代表である河野高男氏は「セットアップに苦しんだ」と2016年から使うメルセデスAMG GT3を評価した。

「新車になって、ポテンシャルのあるマシンだと感じましたが、セッティングに苦しみました。しかし、ふたりのドライバーが成績を引き上げてくれた。後半には、マシンが少しずつ分かってきました。来季は今年のデータも含め、開幕戦から(上位で)戦えるようにしたい。まず1勝したいと思います」

新レーシングミクはTony氏が担当。個人スポンサーにも新展開

 なお、GOODSMILE RACINGと言えば、片山監督が言うように「痛車をスーパーGTに持ち込んだ」チームである。そのアイコンと言えるのが”レーシングミク”である。チーム10年目のシーズンを共に戦うレーシングミクは、ゲームや数々の美少女イラストで人気のTony氏が手がけた。

「妖精をイメージし、背中に蝶の羽根を付けました。そして、勝利を祈願してダブルピースのポーズをしています」

 この日公開されたレーシングミク2017Ver.を見た片岡は、「僕らも来年ダブルピースができるようにしたい」と意気込みを語った。

 なおGOODSMILE RACINGは、ファンがスポンサードすることができる”個人スポンサー制度”を設けているが、2017年シーズンからは新たに「ふるさと納税コース」が新設される。これはグッドスマイルカンパニーの工場がある鳥取県倉吉市との協力により実現したもので、倉吉市の美味しい食材やGOODSMILE RACINGのグッズが受け取れると共に、年内に応募すると2016年確定申告の控除対象にもなるという。この「ふるさと納税コース」は12月26日から応募がスタート。なお、従来の「漢コース」は1月1日から受付が始まり、「ねんどろいどコース」と「figmaコース」の詳細は2月19日のワンダーフェスティバル(幕張メッセで開催)で、マシンのカラーリングやレースクイーンと共に発表されるという。

 個人スポンサーの詳細はGOODSMILE RACINGの公式サイト(http://goodsmileracing.com/)をご確認いただきたい。

 また12月29日から1月16日にかけて、羽田空港第2旅客ターミナルのMercedes me Tokyo HANEDAに、2016年の#4 グッドスマイル 初音ミク AMGが展示されることになっている。

【関連ニュース】

谷口信輝「厳しい1年だったが、最後に表彰台に登れて救われた」

片山右京「ヴェンチュリLC92は改めて”美しいクルマ”だと思った」:鈴鹿サウンド・オブ・エンジン

スーパーGTもてぎレース2決勝(GT300)#25 VivaC 86 MCが優勝!&タイトル獲得!

スーパーGTもてぎレース1決勝(GT300):タイヤ無交換でつないだ21号車ライアン/藤井組が悲願の初優勝

スーパーGT:ヨコハマタイヤ装着のチーム無限。SFがタイヤの進化を加速!?

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
記事タイプ 速報ニュース