12号車に何があったのか? そのリタイアの瞬間を捉えた:スーパーGT第4戦SUGO

週末の行われたスーパーGT第4戦。12号車がリタイアした時の状況が明らかになってきた。

 スーパーGT第4戦SUGO。#12 カルソニック IMPUL GT-Rは決勝レースでリタイアを喫した。その時の様子を、motorsport.comのカメラが捉えていた。

 事故は36周目のS字コーナーで起きた。

 

#2 シンティアム・アップル・ロータス
#2 シンティアム・アップル・ロータス

Photo by: Takahiro Masuda

 GT300クラスの高橋一穂ドライブの#2 シンティアム・アップル・ロータスが、S字ひとつ目の左コーナーでニック・キャシディが乗る#36 au TOM'S RC Fに軽く追突されスピン。そのままS字ふたつ目の右コーナー付近まで滑っていく。

 

#36 au TOM'S RC Fと#2 シンティアム・アップル・ロータス
#36 au TOM'S RC Fと#2 シンティアム・アップル・ロータス

Photo by: Takahiro Masuda

 #36 au TOM'S RC Fは、その右コーナーのイン側をショートカットするように#2 シンティアム・アップル・ロータスを避けた。

 

#12 カルソニック IMPUL GT-R
#12 カルソニック IMPUL GT-R

Photo by: Takahiro Masuda

 #36 au TOM'S RC Fの直後には#46 S Road CRAFTSPORTS GT-Rがつけていたが、スピンした#2 シンティアム・アップル・ロータスをコーナーアウト側から交わそうとした。しかし、#2 シンティアム・アップル・ロータスがライン上まで滑ってくる危険性を察知したのか、減速。さらにその直後につけていたジョアオ・パオロ・デ・オリベイラの#12 カルソニック IMPUL GT-Rが行き場を無くしてコースアウト。

 

#12 カルソニック IMPUL GT-R
#12 カルソニック IMPUL GT-R

Photo by: Takahiro Masuda

 コース外の芝は午前中に降った雨によって濡れており、マシンの速度は落ちない。

 

#12 カルソニック IMPUL GT-R
#12 カルソニック IMPUL GT-R

Photo by: Takahiro Masuda

 そして、コース脇のバリヤにクラッシュ。写真からすれば、かなりの衝撃だったことがうかがえる。

 

#12 カルソニック IMPUL GT-R
#12 カルソニック IMPUL GT-R

Photo by: Takahiro Masuda

 オリベイラは自身のツイッターで、「シケインで自分の前でスピンした車を避けるためにコースアウト」したと述べている。写真を見る限りでは、まさに避けようのない事故だったと言えよう。

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
イベント名 スポーツランドSUGO
サブイベント 日曜日 決勝レース
サーキット スポーツランドSUGO
ドライバー J.P.L. De Oliveira
記事タイプ 速報ニュース