LEONがGT初優勝:スーパーGT開幕戦決勝レポート(GT300)

スーパーGT開幕戦岡山決勝レース。GT300クラスは予選2位の#65 LEON CVSTOS AMG-GTが優勝した。PPスタートの#25 VivaC 86 MCは終盤ペースが劣り、6位に終わっている。

レース序盤、快調に逃げる#25 VivaC 86 MC。しかし……

 ポールポジションからスタートした#25 VivaC 86 MCは、レース序盤は快調に逃げ、後続との差を開いていく。しかし、各セッションで速さを見せていた2番手スタートの#65 LEON CVSTOS AMG-GTが次第に迫り、30周を目前にしてテール・トゥ・ノーズの状態となる。なかなか抜けないと見た#65 LEON CVSTOS AMG-GTの黒澤治樹は31周目にピットに入り、タイヤ交換。ドライバーも蒲生尚弥に乗り替わる。

 この動きに呼応する格好で、翌32周目に#25 VivaC 86 MCの土屋武士もピットへ。ピット作業は#25 VivaC 86 MCの方が早く、松井孝允が乗り込んでコースに復帰した時には、#65 LEON CVSTOS AMG-GTに対してストレート約1本分の差をつけていた。しかし、アウトラップのペースが上がらず、#65 LEON CVSTOS AMG-GTが急接近。そして34周目、蒲生がオーバーテイクを成功させて首位に浮上する。その後の蒲生は、みるみるうちに差を広げていき、独走状態。一方の松井はペースが上がらず、#4 グッドスマイル 初音ミク AMG、#7 Studie BMW M6、#11 GAINER TANAX AMG SLSに次々と交わされてしまい、表彰台圏内から脱落していってしまう。

いきなり速さを見せる、新型GT3マシン

 予選で振るわなかった昨年王者#0 GAINER TANAX GT-Rは、レースになるとペースが回復。レース終盤には7番手まで浮上してくる。また、#51 JMS LMcorsa 488 GT3が59周目に#25 VivaC 86 MCを交わして5番手に。#61 SUBARU BRZ R&D SPORTもタイヤに苦しみ、たまらず56周目に2度目のピットインしてタイヤを交換する。特に左のリヤタイヤはボロボロでだったが、この追加ピットインにより、大きくポジションを下げてしまうことになる。

 #65 LEON CVSTOS AMG-GTはその後も好調なペースで走り、2位#4 グッドスマイル 初音ミク AMGに約13秒の差をつけて優勝。チームと蒲生は嬉しいスーパーGT初優勝である。3位には#7 Studie BMW M6が入り、表彰台はすべて新型のGT3マシンという結果だった。PPからスタートした#25 VivaC 86 MCは、結局5位に終わっている。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
イベント名 岡山
サブイベント 日曜日 決勝レース
サーキット 岡山国際サーキット
ドライバー Haruki Kurosawa , Jörg Müller , Naoya Gamo , Nobuteru Taniguchi , Seiji Ara , Takamitsu Matsui , Takeshi Tsuchiya , Tatsuya Kataoka
記事タイプ レースレポート