【VivaC team TSUCHIYAレースレポート】「タイ戦を経て、人間力がパワーアップした」

スーパーGTタイで今季初優勝。タイトルを掛けランキング首位で最終戦へ

VivaCteamTSUCHIYAレースレポート
2016SUPERGTRd.7Changインターナショナルサーキット
■日時:2016年10月8-9日
■車両名:VivaC86MC
■場所:タイ/Changインターナショナルサーキット
■ゼッケン:25
■監督:土屋春雄
■ドライバー:土屋武士/松井孝允
■チーム:VivaCteamTSUCHIYA
■リザルト:予選1位/決勝1位

チャンピオンシップへの権利をつなぐには、
タイラウンドで大量ポイントを稼ぐのが絶対条件だった

#25 VivaC 86 MCと#7 Studie BMW M6
#25 VivaC 86 MCと#7 Studie BMW M6

Photo by: Masahide Kamio

  前戦鈴鹿をノーポイントで終えて、チャンピオンシップ獲得のためには、ここ、タイラウンドで大量ポイントを獲得する必要がありました。震災によって延期になった第3戦が最終ラウンド茂木の土曜日に行われることになり、日曜日の最終戦と合わせてダブルヘッダー。我々のマザーシャシー(MC)にとっては、茂木のようなストップ&ゴーの低速コーナーとストレートが多いサーキットはもっとも苦手とする場所で、その茂木でラスト2戦があるので、このタイでランキングトップになることがチャンピオンを獲得するための条件でした。

 ただこのレースを前に、JAF-GT車両とMC車両に対して、最低地上高を更に5mm上げることが決定しました。前戦の鈴鹿でJAF-GTとMCが予選上位を独占したことでの措置です。菅生と鈴鹿とオートポリスはJAF-GTとMCの車両が得意な高速コーナーが多数あるサーキットで、過去のレースを見てもJAF-GT車両が上位を走っています。逆に富士や茂木はFIA-GT3の車両が相対的に強い場所です。そしてこのタイのサーキットは昨年我々の#25がポールポジションを獲りましたが、過去2年連続で#3 GT-Rが優勝しています。サーキット前半はFIA-GT3が得意で、後半はJAF-GT&MCが得意というレイアウト。またランキング上位はみなハンディウエイトも重くなってきているので、僅差の争いになることが予想されました。

絶好調のタカミツ
即決でQ2ドライバーを決定

 天候の急変が心配されるタイの空をうかがいながら、フリー走行が開始されました。まず私、土屋武士が乗り込んでセットアップの確認です。最低地上高が5mm上げられましたが、開幕前のテストで得たアイデアがあり、それを少々入れ込んだアライメントで走行を開始すると、ほとんど何も弄らないでいいくらいのバランスだったので、セットアップはせずにすぐにタカミツにドライバー交代。先にサーキットに慣れてもらい、その後、路面コンディションが良くなってきてから私がタイヤのコンパウンドチェックと、セットの微調整をしようと思ったのですが......タカミツのタイムが何だかものすごく速い!? タカミツからの無線でも「車が良すぎて何も弄るところありません」と。傍目から見てもものすごく乗れている感があったので、タカミツでQ2を行くことを決断。正直、昨年私がポールを獲っているし、私自身、残り少ないスーパーGTのレースを思いっきり走りたいという気持ちがあったのですが、圧倒的なタイム差があったので「タカミツで行く!」と即決です。そしてタイヤのチェックも終えて、再び私が中古タイヤでセットアップをするために走行。路面コンディションに合わせて、少々高速コーナーのU/Sを補正するだけでマシンバランスは今まで以上に乗りやすくなり、また最後の走行ではタカミツが中古タイヤにもかかわらずベストタイムを更新。1’32.895のタイムで2位をコンマ5秒離しトップタイムです。

 そして予選。Q1は予定通り私が乗り込みます。最初のアタックで1’33.5のタイムをマークし、もう一度アタックをかけますが同じタイムしか出ません。少々内圧が合わなかったのですが、なんだか乗れていない。それでもQ1を4位で通過。いつも1周でアタックをやめているのは、自分の中でどれくらいマージンがあるか分かっているから。でも今回はそんな余裕はありませんでした。これまで走りで悩んだことがほぼないので、自分の中ではこのことは一大事こと......。

 まぁ、ひとまず、それは横に置いておいて、Q2です。タカミツの調子の良さとマシンの乗り易さを考えれば、トラフィックにかからなければポールは間違いないという確信がある中、期待通りにいきなりトップタイム!その時点で2番手にコンマ6秒引き離すタイムです。更にアタックは続き、次の周には1’32.102のタイムを記録。2番手に約コンマ7秒差をつけるスーパーなアタックでポールポジション確定!

 正直、鈴鹿戦以降「チャンピオンが遠のいたなぁ」と感じていたのですが、タカミツは気合入りまくりでした。菅生のポールもすごいアタックでしたが、ここタイでのポールは、落ちかけていたチームみんなの士気を上げる素晴らしいアタックでした。そしてそれを最も刺激を受けたのは私だったと思います。

「今、やるべきことは何なのか?」
今を真剣に考え、最高の選択をする
その選択の継続が、次なる高みに行く手段

#25 VivaC 86 MC
#25 VivaC 86 MC

Photo by: Masahide Kamio

  実はここに来る前に、来シーズン、私はレギュラーでは乗らず、若手二人を中心に参戦する意向を発表させていただきました。タカミツの成長と(山下)健太の出現でそのタイミングがきたな、と。そのことを決断したのは今年6月の菅生GTテストの時なのですが、本当に、自然にそう思えた流れの中での決断でした。引退というわけではなく、レギュラーを譲るだけなので、テストや第3ドライバーとしては乗りますし、もしかして2人とも500クラスに呼ばれて、乗せたいと思える若手がいなければまた自分が乗ることがあるかもしれません。

 ただ、今の自分はエンジニアとして急成長している段階で、もっとその先の領域に踏み込んでいきたいという気持ちがあり、またチームオーナーとして、チームを継続していくというプライベーターとしての最難関のミッションがあります。それらが今の私の周りにある環境であり、自分の立ち位置。おかげで今は「自分のやりたいこと」が幸せな環境の中でできている。本当に支えていただいている皆さんには感謝の気持ちしかありません。こんな環境でやれているからこそ、プライベーターとして最大限で挑戦していかなければならないという想いでいます。だからこそ「今、自分のやるべきことはなんなのか」ということを常に自問自答しています。

 話がちょっとそれましたが、タカミツの走りは私の目を覚まさせるのに充分でした。譲ると決めたことで安堵からなのか、変化に対応するまでの心の緩みなのか、それも多少走りに影響したということもあると思いますが、実はそれ以上に他の要因で精神的に落ちていたことが、いつもの走りへもっていくことができなかった原因でした。内容は非常に難しい問題ですので簡単にはまとめられませんが、無視できる内容ではなく、レース界全体の問題ですのでしっかりと受け止めていかなくてはならない、と。そんなことも重なり、自身の走りに影響したことは否めません......。情けないですね。仲間に、応援してくれているみんなに、本当に申し訳ないと情けない気持ちいっぱいでした。予選後はタカミツのデータと車載映像をみてとにかく研究しました。そしてタカミツの“勝ちたい”という気持ちの強さによって、自然と私も走ることだけに集中できてきていることを感じながら決勝日を迎えました。

賭けも祈りも通じて、1.189秒差で優勝!

 決勝日の朝のフリー走行では決勝の準備が主ですが、タイラウンドに限っては私の走りを元に戻すことがメインテーマです(笑)昨晩の研究と気持ちの切り替えのおかげで、タカミツとの体重差+コンマ1秒くらいにタイム差を縮めることができました。セットアップも決勝に向けては何もせず、予選と全く同じで変更なし!それほどまでにセットが決まっていました。戦略に関してもトップからスタートなので、一番幅が取れます。ただ、#3 GT-Rが最大のライバルで、少しでも我々にミスがあれば敵わない......というのが決勝前の分析結果でした。

 そして迎えた決勝は私がスタート。#3 GT-Rにはヤン・マーデンボロー選手というバカッ速いドライバーが第2スティントに控えています。前にも話したように、今の300にはタカミツとヤン選手はスピードで抜けていると感じています。他にも蒲生選手、ミスがなければ山内選手が匹敵するスピードがあるように感じていますが、今のタカミツとヤン選手はその中でも抜けているように思います。そしてこのコースは、長いストレートが2本。バトルになったら防御するのは難しいサーキットです。グリッド後方はストレートの速いGT-Rが2台。昨年タイと全く同じグリッドだったので抜かれることを想定しつつ、ルーティーンのピットまで、いかに差をつけられずにタイヤと燃料をセーブできるかというミッションがスタートドライバーの私に課せられます。MCはタイムは速いものの、バトルで追い抜きができるマシンではありません。集団の中で走ると抜かれるだけのマシン。まずは無駄なバトルをせず、自分も相手も遅くなるような意地をはることだけはしないように心掛けてスタートをきりました。

 1コーナーは無難にトップで、長いストレート後の3コーナーは何とか抑えることができましたが、続く裏のストレートの最後で#3GT-Rに抜かれてしまいました。ここまでは予想通り。続いて#0 GT-Rが後方に。昨年は2周目に抜かれたのですが、抜かれず粘ることができ、トップにも離されません。逆にトップの#3のペースが鈍った7周目に前に詰まった関係で、#0 GT-Rにパスされて3番手にポジションダウン。その後、後ろの#18 MCにインを刺される場面があったりしましたが、問題なく対処してペースを狂わせることなく3番手をキープしながらトップからは3~5秒の差で序盤を推移します。ペースはほぼ同等。そうなってくると我々のタイヤ無交換の作戦も活きてきます。後半はタイヤを交換したヤン選手が猛烈な勢いで追い上げてくる展開を予想していたので、タイヤ交換分の約16秒のマージンは確保できる計算。できるだけ燃料もセーブすることを心掛けて、予定していた周回を少し超えた26周を走ってピットインしました。

 ピットワークは問題なく、燃料補給のみでピットアウト。最大のライバル#3GT-Rはピットロードでエンジンがストップするというアクシデントがあって、7秒ほどのロスをした模様。ピットアウトした時の#3 GT-Rは17秒後方。間にタイヤ無交換の#18 MCが入ることになり、ここも我々に有利な展開になりました。全車ピットを終えたあとは#25がトップ、2番手#18、3番手#3という順位。ここからはこの貯金をゴールまで使い切らずにいけるかどうか、という勝負です。後方から予想通りヤン選手が追い上げてきます。ただ#18 MCの中山選手が素晴らしい走りで2番手を死守しながらバトルをしてくれているおかげで、5秒差からは縮まりません。逆にバトルの影響で差が広がる場面も。

 その矢先の52周目に#18と500クラスのマシンが接触し、#18はピットへ。ここから残り9周、33秒台という驚異的なペースでヤン選手が追い上げてきます。ここで我々にトラブル発生! 燃料が息つくという無線がタカミツから入りました。残りは6周。燃料補給のガソリンは入っているはずでしたが、この週末、メーターの燃料消費の数値に一度だけ異常値があり、それが正しかったとしたらここでのガス欠もありえる......。矢継ぎ早に色々なことが頭をよぎり、ピットに戻すかどうするかを悩んでいましたが、タカミツから「行かせてください!」という無線が。チャンピオンシップを考えた時、ここでピットに入ったら残りの茂木は劣勢で、チャンピオンの可能性は低くなる。ならば、フューエルポンプがトラブったことに賭けて、ゴールまでフルプッシュで逃げようと決断しました。リザーブのポンプに切り替えエンジンMAPもフルリッチを指示。賭けも祈りも通じて、1.189秒差でトップのチェッカーを受けることができました。

チームを支え、リードしたタカミツの成長
強い想いが“勝利”を導いた

#25 VivaC 86 MC
#25 VivaC 86 MC

Photo by: Masahide Kamio

  レース後、振り返ってみると、すごく濃厚な2日間だったと思います。私の精神的なアップダウンもありますが、タカミツがチームを引っ張るドライバーに成長してくれたことや、たくさんの仲間が#25を勝たせようと協力してくれて、マシンはこれまで以上に完璧な状況でした。

 グリッドについて一人になった時に思ったことは、こんなにスタート直前に不安がないのは初めてだなということでした。準備もやり切った感があったし、タカミツは頼もしいし、たくさんの人の後押しが心強く、あんなに不安定だった自分が嘘のように、決勝は自分の力を出し切る走りができました。

 ライバルにミスがなく順調であったら、もしかしたら負けていた可能性は否めません。しかし、レースで勝ったのは我々の#25です。時として、このような展開で結果がでることは長くレースしていると何度か経験があります。今回はたくさんの仲間の気持ちが集い、このような状況を引き寄せてくれたんだと感じます。チームをやっていて辛いことや苦しいことは数多くありますが、このような瞬間を感じることができ本当に幸せですし、また頑張ろうって思えます。

 いよいよ最終ラウンド・茂木、2連戦を残すのみとなりました。シリーズランキングは2位に5ポイント差のトップですが、苦手な茂木ということを考えるとこの差では劣勢です。でも今の我々は非常に強いと思います。今回のタイ戦を経て、また人間力がパワーアップしました(笑)いつも通りできるだけの準備をして、悔いの残らないように戦いに挑みたいと思います。

 応援してくださった皆さま、有難うございました! 次戦、最終茂木ラウンドも応援よろしくお願いいたします!!

【松井孝允コメント】
「タイラウンドは、昨年のポールポジションということから相性がいいことはわかっていました。あとは重いウエイトでどこまで戦えるかが要であり、チャンピオンシップを考えるうえでも大事な1戦になると思っていました。今回は海外戦ということもありいつもより余裕のあるレースウィークでした。そのおかげでコースウォークを行うことが出来、入念にチェックすることができました。そのチェックが後々に有利に働いたと思います」

「フリー走行では早い段階でラップタイムも速く走れたので、普段走らないサーキットでもすぐに対応することができました。車の状態は完璧で本当に申し分なくセッションもスムーズに進めることができ、予選に向けての準備は上々でした」

「予選ではQ1を武士さんが突破してくれたので、僕のアタックではタイヤに集中しアタックに入りました。その中でポールという結果には満足していますし決勝に向けても自信につながりました。ただ予選でマシンに心配箇所が見つかり、その原因追及のためにメカニックの皆さんには大変な作業をお願いすることになってしまいました。夜遅くまで追求していただき、次の日には完璧なマシンになっていたので本当に安心して決勝日も走ることができました」

「決勝のスタートは武士さんがスタート。後ろがストレートの速いGT-Rで抜かれてしまいましたがこれは予想通りの展開。僕らはタイヤ無交換という作戦をたて、ピットで再び前に行く作戦だったので抜かれても心配はしていませんでした。そして作戦通りピットでトップに立つことができ、あとは後ろとのギャップを見ながらのレース。途中、周回遅れにかなり抑え込まれ、ギャップを詰められてしまったことで余裕はなくなり、とにかくプッシュして引き離すことに集中しました」

「後ろの3号車のペースが速く、最後まで気が抜けないレースでした。終盤には燃料系のトラブルもありチェッカーを受けるまで本当に勝てるか分かりませんでした。その中で勝てたのでめちゃくちゃうれしかったです!!」

「最終戦に向けてランキングトップで迎えられるので最後まで集中して戦いたいと思います。今回もタイという遠い中、応援有難うございました。次回は2016年最後のラウンド、チャンピオン目指します! 引き続き応援よろしくお願いいたします」

【VivaC team TSUCHIYAレースレポート】

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
イベント名 ブリーラム
サーキット チャーン・インターナショナル・サーキット
ドライバー Takamitsu Matsui , Takeshi Tsuchiya
記事タイプ レースレポート