【スーパーGT】もてぎ:レース1予選GT500クラス レースレポート

GT500クラスレース1予選は、#39 DENSO KOBELCO SARD RC F がポールポジションを獲得した。

 スーパーGTもてぎラウンド グランドファイナルは11月12日・午前9時にGT500クラスの予選が行われ、ヘイッキ・コバライネンの操る#39 DENSO KOBELCO SARD RC F が今シーズン初めてのポールポジションを獲得した。タイムは1'45"885。

 昨夜降った雨でコースは濡れたまま。走行ラインは乾き始めるが、ほとんどのクルマがウエットタイヤでタイムアタックを開始した。まず#64 エプソンNSXコンセプトがトップタイムを記録。ダンロップのウエットタイヤが性能を発揮した。しかし、セッションが残り6分を切るとヨコハマタイヤを履く#24 フォーラムエンジニアリングADVAN GT-RがエプソンNSXのタイムを凌ぎベストタイムを記録した。

 ブリヂストンを履くレクサス勢は濡れた路面にやや苦戦するも、路面が乾き始めるとタイムは徐々にアップ、セッションが残り3分を切った頃から最後のアタックに出て行くクルマがタイムシートを次々と塗り替えて行った。残り1分、まず最速タイムを記録したのは#39 DENSO KOBELCO SARD RC F。コバライネンのドライブで初めてポールポジションを獲得した。2番手には#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rがつけ、#36 au TOM’S RC F 、#100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GTが4番手につけた。スリックタイヤで賭けにでた#37 KeePer TOM’S RC Fは作戦失敗。最後尾に終わった。

 ポールポジションを獲得したコバライネンは、「ここまでは良い週末。目標はチャンピオン獲得で、ポールポジションは良いポジションだと思っている。昨年はGT挑戦1年目で苦労したが、平手とのコンビも2年目でお互い理解出来てきたので、今年はタイトルを狙えるところまで来た。レースは何があるかわからないが、全力を尽くす」という。

  スーパーGTもてぎラウンドレース1決勝は13時よりスタートする。

■スーパーGTもてぎラウンド GT500クラスレース1予選 暫定結果

1. #39 DENSO KOBELCO SARD RC F/1'45.885

2. #24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R/1'45"950

3. #36 au TOM'S RC F/1'45"994

4. #100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GT/1'46.126

5. #64 Epson NSX CONCEPT-GT/1'46.442

6. #46 S Road CRAFTSPORTS GT-R/1'46.498

7. #15ドラゴ モデューロ NSX CONCEPT-GT/1'46.697

8. #19 Wedsport ADVAN RC F/1'46.757

9. #8 ARTA NSX CONCEPT-GT/1'46.886

10. #6 WAKO'S 4CR RC F/1'47,064

11. #12 カルソニック IMPUL GT-R/1'47.103

12. #1 MOTUL AUTECH GT-R/1'47.816

13. #17 KEIHIN NSX CONCEPT-GT/1'47.860

14. #38 ZENT CERUMO RC F/1'48.450

15. #37 KeePer TOM'S RC F/1'51.146

【関連ニュース】 

スーパーGT第3戦・最終戦もてぎ:金曜日フリー走行1回目タイム結果

【スーパーGT】第3戦・最終戦もてぎ:金曜日フリー走行2回目タイム結果

【スーパーGT】今年の王者もついに決着。最終もてぎ2連戦プレビュー

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
記事タイプ 予選レポート